行者にんにくとささみのごま味噌マヨ和え・ちぢみ雪菜と揚げの海苔バター醤油卵とじ

行者にんにくとささみのごま味噌マヨ和え

寒い冬も終わりを感じるこの頃。今も冬の間漬けっ放しだったファンヒータを焚かなくてもいい気温に、何だかほんわか。やっと春が来そうです。

そんな春の訪れを感じさせるもののひとつが、スーパーに並ぶ食材たち。今年も山菜が並び始めました。色や香りが鮮やかで、芽吹いたぞ!という力を感じさせるような独特の風味。これを味わえば、体にも気持ちにも春の元気が吸収されるような気がします。

やっぱり日本の食材は美味しい。味だけでなく、目でも香りでも季節を感じられる。東京の四季は崩れてきていますが、食べ物だけでも季節の移ろいを感じていたいですね♪

今回は、行者にんにくとささみの胡麻味噌マヨ和え、ちぢみ雪菜と揚げの海苔バター醤油卵とじをご紹介。


★行者にんにくとささみの胡麻味噌マヨ和えの作り方


  1. 鍋にお湯を沸かして塩を入れ、行者にんにくをさっと茹でる。

  2. 同じお湯にささみを加えて沸騰させ、火を消してしばらく置いて余熱で中まで火を通す。

  3. 行者にんにくは水気を絞り、2cm程度に切る。

  4. ささみを好みの大きさに割いてボールに入れ、行者にんにくを加える。

  5. 味噌、すりごま、七味、マヨネーズ、レモン汁を加えてよく和える。

  • 今回の主役はなんといっても行者にんにく!!さっと茹でてマヨネーズと合わせれば、強烈な臭いも無くふわっと香る美味しさを楽しめます。
  • マヨネーズを濃くし過ぎるとくどくなり、行者にんにくの香りも消してしまうため、味噌をベースに味付けします。レモン汁を加えることでさっぱり感をプラスします。

ちぢみ雪菜と揚げの海苔バター醤油卵とじ


★ちぢみ雪菜と揚げの海苔バター醤油卵とじの作り方


  1. ちぢみ雪菜は食べやすい長さにざく切りにする。油揚げは角切りにする。

  2. フライパンにバターを溶かし、雪菜、油揚げを加えてさっと炒める。

  3. 全体に油が回ったら、しょう油、みりんを加えて炒め煮にする。

  4. 好みの具合に煮えたら、地海苔、コショーを加えてひと混ぜし、卵を割り入れる。

  5. 卵を崩しながら全体を混ぜ、好みの具合になるまで煮る。

  • 今年初めて買ってみた、宮城のちぢみ雪菜。全くクセが無く、菜っ葉の持つ美味しさだけが詰まったこの野菜。さっと火を通せばシャキシャキ感を、じっくり煮ればトロトロ感を味わえます。特に煮た時の繊維の口残りの無さはびっくり。菜っ葉好きの僕には堪らないお気に入り食材となりました。
  • バターのコクと海苔の旨味を加えることで、だしを使わず短時間に美味しい卵とじになります。今回は洗い物を少なくしたかったので卵を直接入れましたが、溶き卵にしてから加えたほうが全体のまとまりが良くなります。