スペアリブのハーブ焼き・サーモンの秋色ムニエル

スペアリブのハーブ焼き

最近仕事帰りに10kmほど歩いて帰ってくるのに凝っていて、そんな日は珍しくお肉をガッツリ食べたくなります。運動した日だけ肉食系男子になる僕。(肉食系の意味が違う!)

そんなことで、今回はスペアリブのハーブ焼きを作ってみました。サーモンの秋色ムニエルと合わせて、ワインを楽しみました。


★スペアリブのハーブ焼きの作り方


  1. スペアリブをビニール袋に入れ、オリーブオイル、塩、コショー、おろしニンニク、バジル、ナツメグを入れてよく揉みこみ、冷蔵庫で2時間程度漬け込む。

  2. フライパンにスペアリブを並べ、強火で表面をこんがり焼く。

  3. 200℃に予熱しておいたオーブンに入れ、180℃で15分焼く。

  4. スペアリブを裏返し、さらに180℃で15分焼く。

  • スペアリブをしっかりマリネするのがポイント。柔らかジューシーな仕上がりになります。
  • フライパンで焦げ目を付け、オーブンで中までじっくり火を通すことで、硬くなりがちなスペアリブも柔らかく焼けます。
  • 御殿場高原ビールで食べた山賊のスペアリブを真似して作ってみました。やっぱり網焼きのようにはいきませんが、僕の味のシンプルなスペアリブの食べ方が一つできました。

サーモンの秋色ムニエル


★サーモンの秋色ムニエルの作り方


  1. シメジ、マイタケは石突を取り、一口大に分ける。玉ねぎは1cm程度にスライスする。

  2. 生鮭は皮を取って一口大に切り、塩、コショーで下味を付け、小麦粉をまぶす。

  3. フライパンにバターを溶かし、玉ねぎを炒める。

  4. 玉ねぎに火が通ってきたら鮭を加え、表面をカリッと焼く。

  5. 生クリーム、牛乳を加えてとろみが付くまで煮る。

  6. 塩、コショー、粒マスタードを加えて味を決め、キノコを入れて火が通るまでさっと煮る。

  • 鮭は切り身のままムニエルにしてもいいですが、一口大に切った方が食べ進んでいっても身が崩れず、最後まで美味しく頂けます。
  • 今回はマスタードクリームソースで軽く煮てみました。旬の秋鮭のふわふわの食感を楽しめます。
  • キノコを加えたらさっと仕上げます。火を通し過ぎず、シャキッとした食感を残します。