きのこたっぷり帆立チャウダー・柿とモッツァレラのキャロットサラダ

きのこたっぷり帆立チャウダー

今年は秋らしくなるのが早く、朝晩は肌寒いときも多々出てくるようになりました。季節的にはもう秋なので当たり前なのですが、ここ数年の猛残暑に慣れてしまうと、当たり前の季節感が狂って来るようで怖い気がします。

朝晩が涼しくなると、温かいものが恋しくなってきます。そこで秋らしくきのこをたっぷり使ってチャウダーを作ることに。丁度刺身用の大きな帆立も売っていたので、山と海の旨味たっぷり食材を組み合わせてさらっと美味しいチャウダーにしました。シチューも美味しいですが、たまにはさらっと飲めるチャウダーもいいですね♪

今回は、きのこたっぷり帆立チャウダー、柿とモッツァレラのキャロットサラダをご紹介。


★きのこたっぷり帆立チャウダーの作り方


  1. 帆立は殻から外してウロ(黒い部分)を取り除き、ひと口大に切る。(ひもや肝も使う。)

  2. しめじ、エリンギ、平茸は石づきを取って食べやすいサイズに手で割く。

  3. 玉ねぎは薄くスライスする。

  4. 鍋にバターをひき、玉ねぎをじっくり炒める。

  5. 玉ねぎが十分しんなりしたら、きのこ、帆立、塩少々を加えてさっと炒め、小麦粉を振り入れて良く混ぜる。

  6. かぶる程度の水を加えて煮立たせてアクを取り、中火で煮る。

  7. 具材に火が通ったら牛乳を加えてとろみが付くまでさっと煮る。

  8. 仕上げに塩、コショー、コンソメで味を調える。

  • 今回は火が通りやすい食材ばかりなので、食感が悪くならないようさっと煮て仕上げました。
  • 具材を炒めた後に小麦粉を加えることで、程よいとろみが付きます。
  • 加えるきのこはお好みで。マッシュルームやえのきを加えても。
  • 今回はさらっとした仕上がりにしたかったので、小麦粉を少な目にして牛乳を使用しました。濃いめに仕上げる場合は、牛乳の代わりに生クリームを使います。

柿とモッツァレラのキャロットサラダ


★柿とモッツァレラのキャロットサラダの作り方


  1. にんじんはすりおろす。柿はくし形切りに、モッツァレラチーズはスライスする。

  2. ボールにおろしたにんじん、レモン汁、塩、砂糖少々、コショー、オリーブオイルを加えて良く混ぜる。

  3. 皿に柿、モッツァレラチーズ、生ハムを盛り、2のドレッシングを掛け、コショーを振る。

  • サラダにして美味しい果物はいくつもありますが、秋と言えばの柿をカプレーゼ風にしました。モッツァレラのコクと生ハムの塩気が良く合います。
  • 今回はにんじんをすりおろしてドレッシングにしました。にんじんの風味が柿にピッタリです。
  • 柿に甘味、生ハムに塩気があるので、ドレッシングの味付けは控えめに。好みによりますが、今回は丸みを出すために砂糖を少しだけ使いました。