やりいかと大根の山椒バター醤油煮・塩麹麻婆春雨・あげとじゃこの梅コショー和え

やりいかと大根の山椒バター醤油煮

この日は美味しそうなやりいかが安く売っていました。これまで、いかといえばいつでも安く手に入るするめいかばかり使っていたので、やりいかを自分で調理するのは実はこれが初めて。

実際煮物にしてみると、するめいかとは全く違った柔らかさがあり、加熱料理にはどちらかと言えばこっちの方が好みかも。加熱用のやりいかがいつでも安く売っていればな~、なんて思ってしまいました。

今回は、やりいかと大根の山椒バター醤油煮、塩麹麻婆春雨、あげとじゃこの梅コショー和えをご紹介。


★やりいかと大根の山椒バター醤油煮の作り方


  1. やりいかは内臓を取り出して胴を開き、好みの大きさに切る。ゲソは口から下を切っておく。

  2. 大根は分厚いいちょう切りにし、ラップに包んで電子レンジで加熱する。

  3. 鍋に大根、やりいか、バター、実山椒、しょう油、みりんを入れて蓋をし、強火に掛ける。

  4. 吹きこぼれないように気を付けながら、大根に味が染みるまで強火で一気に煮上げる。

  • 加熱しても柔らかいやりいか。するめのしっかり目の食感とはまた違った美味しさです。
  • 今回は大根をあらかじめしっかりと下茹でし、味を染ませるだけにしました。
  • 強火で一気に煮ることで、味のしっかりついた濃いめの仕上がりにしました。

塩麹麻婆春雨


★塩麹麻婆春雨の作り方


  1. 生きくらげは細切りにする。にんにく、しょうがはみじん切り、長ねぎは粗みじんに切る。

  2. 鍋にお湯を沸かし、春雨、きくらげを茹でる。春雨は長いようなら切っておく。

  3. 中華鍋またはフライパンにごま油をひき、中火でにんにく、しょうが、豆板醤、中国山椒を炒める。

  4. 香りがたったら豚ひき肉を加え、ほぐしながらしっかり炒める。

  5. 茹でた春雨、きくらげを加え、水、塩麹、オイスターソース、コショーを加えてさっと煮る。仕上げに長ねぎを加える。

  • たまに作る麻婆春雨を、今回は塩麹であっさり仕上げました。ひき肉と塩麹の旨味を春雨がしっかり吸って美味しくなってくれます。
  • 春雨は若干硬めに下茹でしておき、最後にさっと煮ることで硬さもちょうど良くなり、スープもしっかり吸ってくれます。
  • オイスターソースは風味付け程度でOK。塩麹のシンプルな旨味を活かすようにします。
  • 春雨の煮加減はお好みで。好みで最後に水溶き片栗粉でとろみを付けても。

あげとじゃこの梅コショー和え


★あげとじゃこの梅コショー和えの作り方


  1. 長ねぎは薄い斜め切りにする。梅干しは種を取り包丁で叩く。

  2. ボールに長ねぎ、梅肉、レモン汁、コショー、しょう油、ごま油を入れてよく和え、馴染ませておく。

  3. 油揚げは魚焼きグリルで両面をこんがり焼き、短冊切りにする。

  4. 食べる直前に2とちりめんじゃこ、油揚げを和える。

  • 今回は梅の甘酸っぱさにコショーをピリリときかせてみました。梅干しの甘味が足りない場合は砂糖少々を加えて調整します。
  • 食べる直前に和えることで、焼いた油揚げとじゃこのカリカリ感を残しました。
  • 長ねぎは生のままだと辛いので、あらかじめ調味料に馴染ませておくことで食べやすくなります。