いかじゃがのにんにくバター味噌煮・砂肝と豆苗の中華炒め

いかじゃがのにんにくバター味噌煮

またまた美味しそうないか発見!今回は煮物にしてみることにしました。刺身用だとさっと火を通すだけでOKなので、プリプリと柔らかい食感が楽しめるのも嬉しいところ。

いかの煮物のお供は大根や里芋などが多いのですが、今回はじゃがいもを一緒に煮ることに。味付けは味噌ラーメンをイメージした甘めのにんにく味噌味に、バターのコクをプラス。しっかりめの味付けといかに含まれるタウリンで暑い夏をやっつけてしまえ!な、ガッツリ系な煮物にしてみました。

今回は、いかじゃがのにんにくバター味噌煮、砂肝と豆苗の中華炒めをご紹介。


★いかじゃがのにんにくバター味噌煮の作り方


  1. 刺身用いかは内臓を取って中をきれいにし、胴は輪切りに、ゲソは適当な長さに切る。

  2. じゃがいもは皮を剥いて4等分程度に切る。

  3. 鍋に水、昆布、みりん、砂糖、じゃがいもを入れて落し蓋をし、強めの弱火で煮る。

  4. じゃがいもに火が通ったらおろしにんにく、味噌、しょう油少々を加えて味を決める。

  5. いかを加えてさっと火を通し、仕上げにバターを落として全体に馴染ませる。

  • 今回は刺身用のいかを使用したので、仕上げにさっと火を通すだけでOK。じゃがいもはあらかじめしっかり火を通しておきます。
  • もっと濃い目に仕上げたい場合は煮汁を減らせば味噌のべったり感が出ます。
  • 食べるときは是非七味を掛けて。にんにくバター味噌味にピッタリです。
  • うちではいかわたはNGなので入れられませんが、新鮮なものならわたを加えるとまろやかになり美味しくなりそう。

砂肝と豆苗の中華炒め


★砂肝と豆苗の中華炒めの作り方


  1. 豆苗は3等分程度に切る。長ねぎは薄く斜め切りに、にんにく、しょうがはみじん切りにする。

  2. 砂肝は適当な厚さにスライスする。

  3. 中華鍋にごま油をひき、弱火でにんにく、しょうがを炒める。

  4. 香りがたったら中火にし、砂肝、ちぎった鷹の爪を炒める。

  5. 砂肝に火が通ったら豆苗、長ねぎを加えて強火で炒める。

  6. 中華スープの素、塩、オイスターソース、コショーで味付けする。

  • 何故だか無性に砂肝が食べたくなったので、豆苗と一緒に中華風に炒めてみました。この味付けは砂肝にドンピシャ!ビールやお酒が進むこと間違い無しです。
  • 砂肝をスライスすることで火の通りを早くし、炒めすぎずに独特の食感を楽しめます。