地海苔塩麹温豆腐・鶏と万願寺唐辛子のカレー南蛮風

地海苔塩麹温豆腐

またまた、くどいようですが、本当に美味しい木更津の地海苔。近くでこんな美味しいものが採れているのに、なんでこれまで食べてこなかったんだろうと後悔先に立たず。

そんな地海苔を、今回は豆腐に合わせてみることに。冷奴に載せてポン酢を掛けるだけでも美味しそうですが、そこをちょっとだけアレンジ。

冷たいものばかりは夏バテの元になってしまうので、温豆腐にすることに。味付けは塩麹で。塩麹と地海苔の旨味の相乗効果で、旨味たっぷりのおつまみ豆腐が出来ました。

今回は、地海苔塩麹温豆腐、鶏と万願寺唐辛子のカレー南蛮風をご紹介。


★地海苔塩麹温豆腐の作り方


  1. 木綿豆腐は軽く水切りし、適当な大きさに切る。

  2. 鍋に豆腐、水、塩麹、コショー、ごま油少々を入れて火に掛ける。

  3. ふつふつしてきたら弱火で芯まで温める。

  4. 食べる直前に地海苔をたっぷり載せる。

  • レシピと言えないほどの簡単メニュー。塩麹と地海苔に旨味がたっぷりなので、ダシもいりません。
  • 今回は地海苔の香ばしさにごま油の香りをプラス。風味付けのため少量加えるだけでOKです。
  • 今回はコショーを合わせてみましたが、七味やゆず胡椒を加えても。

鶏と万願寺唐辛子のカレー南蛮風


★鶏と万願寺唐辛子のカレー南蛮風の作り方


  1. 鶏胸肉はそぎ切りにし、塩、酒を揉み込み下味を付ける。

  2. 万願寺唐辛子は4等分程度の斜め切りに、長ねぎも斜め切りにする。

  3. 鍋にかつおだしを沸かし、しょう油、みりん、カレー粉を加える。

  4. 1の鶏胸肉に片栗粉をまぶし、鍋に加える。

  5. 万願寺唐辛子、長ねぎも加え、火が通るまでさっと煮る。

  • 夏に食べたくなるカレー南蛮。今回は煮物にアレンジしてみました。万願寺唐辛子の風味が良く合います。
  • 今回はあっさり食べられるよう鶏胸肉を使いました。塩と酒を揉み込むことで硬くならないようにします。
  • 胸肉に片栗粉をまぶすことで味の絡みが良くなり、パサつきも抑えられます。更に治部煮のように煮汁にとろみが付いてくれるので一石三鳥。
  • 煮過ぎると胸肉が硬くなり万願寺唐辛子の食感も悪くなるので、さっと煮て仕上げます。
  • 今回は煮物として食べましたが、煮汁を多めに作ってうどんやそばに掛ければそのまま美味しいカレー南蛮になります。