かつおのたたき香味鬼おろしぽん酢・かつおのなめろう揚げ包み焼き・バラ大根の甘辛煮

かつおのたたき香味鬼おろしぽん酢

スーパーで、炙りたてのかつおのたたきが売っていたので、かつお好きの僕としては買わない手は無い!と一柵買ってきました。

普通にポン酢で食べるのもいいのですが、ここ最近、梅雨なのに連日のように続く夏日にバテ気味なので、たっぷりと薬味を入れてさっぱりと食べることにしました。味の濃いかつおは、薬味と合わせても旨味がしっかりしているので、美味しいですね。

今回は、かつおのたたき香味鬼おろしポン酢、かつおのなめろう揚げ包み焼き、バラ大根の甘辛煮をご紹介。


★かつおのたたき香味鬼おろしポン酢の作り方


  1. 大根は皮を剥き、鬼おろし器でおろし、軽く水分を切っておく。

  2. 大葉、ミョウガは粗みじんに、しょうが、ニンニクはみじん切りにし、軽く混ぜておく。

  3. 小ネギは小口切りにする。

  4. 皿に切ったかつおのたたきを並べ、鬼おろし、2の薬味、小ネギを載せ、たっぷりのポン酢を掛ける。

  • 大根は鬼おろしのほうが食感や風味が楽しめ、暑い夏にもぴったりの爽やかさになります。
  • 今回はおろしとの馴染みを考えて薬味は粗みじんにしましたが、食感を残すため千切りなどでもOK。
  • ポン酢が薄まらないよう、おろしの水分は軽く切っておきます。搾りすぎるとパサ付くので、加減してください。
  • ポン酢を掛けてからすこし置いたほうが、かつおに馴染んでおいしくなります。

かつおのなめろう揚げ包み焼き


★かつおのなめろう揚げ包み焼きの作り方


  1. ねぎ、にんにく、しょうがは粗みじんに、大葉は千切りにする。

  2. かつおを粗みじんに切り、1、味噌、しょう油少々、みりん少々を加え、包丁で混ぜるようによく叩く。

  3. 油揚げの片方を開き、2を均等に延ばしながら詰める。

  4. 魚焼きグリルで両面をこんがりと焼く。

  • 油揚げで包むので、味付けは気持ち濃い目のほうがいいでしょう。
  • もし手に入るならば、厚めの大ぶりな油揚げを使用してください。うちのスーパーでは、新潟の栃尾の油揚げが売っているので、それを使いました。かつおに負けない揚げの味を楽しめます。
  • いつもなめろうをそのままや、さんが焼きで食べていますが、こうして揚げに包んで焼くと、ジューシーさが守られつつ、香ばしさが倍増するので、お酒との相性も格段に良くなりました。白身の魚より、赤身や青魚が合いそうです。これだけで何倍も日本酒が飲めちゃいます。

バラ大根の甘辛煮


★バラ大根の甘辛煮の作り方


  1. 大根は厚めに切り、皮を剥いて4等分に切り、ラップに包んで加熱しておく。

  2. 豚バラ肉は一口大に切る。

  3. 鍋にお湯を沸かし、たっぷりのかつお節を加えてダシを取り、漉しておく。

  4. ダシに砂糖、みりんを加え、大根を弱火でじっくり煮る。

  5. 大根にしっかりダシの味が入ったら、しょう油、オイスターソース、豆板醤を加えて味を決め、豚バラ肉を加えて煮る。

  6. バラ肉に火が通り、大根に色が付いたら火を止め、ゆっくり冷ましながら味を含ませる。

  7. 食べる前に温めなおし、盛り付ける。

  • 大根はレンジでチンすれば簡単に下茹でできるので、必ず下茹でしておいてください。味の入り方が違います。
  • 味付けは大根にダシの味を染みこませてから。また、豚バラ肉を入れたら、硬くならないよう煮過ぎないようにします。ゆっくり冷ましながら味を染み込ませるようにします。
  • 大根とバラ肉をまとめるため、今回は甘辛の少し濃い目の味付けにしました。和の煮物でもオイスターソースを少量加えると、旨味がグッと増します。