ミネストローネ風すいとん

ミネストローネ風すいとん

だいぶ前にテレビで見て、十数年振りに作ってみたすいとん。久々にすいとんの美味しさを再確認し、何かに入れたいなぁと常々考えていました。

そしてやってきた、煮込みの美味しい涼しい季節。そこで今回は、野菜たっぷりのミネストローネ風のスープにすいとんを落としてみることに。

何も味付けしないプレーンなすいとんでも十分美味しくなりそうですが、今回は洋風にちょっとだけアレンジ。粉チーズとブラックペッパーをきかせれば、すいとんが主役に大変身。団子やニョッキにはない独特な粉感は、すいとんならではの美味しさです。

今回は、ミネストローネ風すいとんをご紹介。

★ミネストローネ風すいとんの作り方


  1. 玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、ズッキーニ、パプリカ、マッシュルーム、ブロックベーコンは大きめの角切りにする。

  2. 鍋にオリーブオイルをひき、具材を炒める。

  3. 全体に油が回ったらトマト缶、水、コンソメを加え、弱火で煮る。

  4. ボールに小麦粉、卵、粉チーズ、コショー、水を入れ、スプーンで混ぜる。

  5. 具材が柔らかくなったら味見をし、塩、コショーで調える。

  6. 4の生地をスプーンで落とし、すいとんが浮いてくるまで煮る。

  • すいとんに粉チーズを加えることでコクが増し、食べごたえのある仕上がりに。卵を加えることで、より滑らかな食感になります。
  • 入れる具材はお好みで。冬なら大根や白菜を加えても。