水だこの湯霜とめかぶのピリ辛ぽん酢・庄内あさつきと鶏そぼろの卵味噌

水だこの湯霜とめかぶのピリ辛ぽん酢

スーパーの魚売り場を見ていると、とっても美味しそうな水だこを発見!新鮮な大好物を目の前にし、もう買わない手はありません。

いつもはさっと茹でてお刺身で食べるのですが、今回はこれまた好きなめかぶと合わせてみることに。たこは食感を良くしクセを取るため、さっと湯霜造りにしてみました。

今回初めて水だこを湯霜造りにしましたが、思いのほかこれが美味しく、自分で作るならこれが一番のお気に入りに。北海道の絶妙な茹で加減の水だこにはかないませんが、生では味わえないたこの美味しさを、思いっきり楽しみました。お酒、進みますよ~♪

今回は、水だこの湯霜とめかぶのピリ辛ポン酢、庄内あさつきと鶏そぼろの卵味噌をご紹介。


★水だこの湯霜とめかぶのピリ辛ポン酢の作り方


  1. 生の水だこをたっぷりの塩で揉み洗いし、吸盤と身に分ける。

  2. 吸盤はひとつずつに切り分け、身は薄切りにする。

  3. 切ったたこをざるに並べ、熱湯をさっと回し掛けて湯霜造りにする。

  4. しょうがは千切りにする。

  5. ボールに、ぽん酢、しょうが、豆板醤、ごま油、コショーを入れて混ぜ、水気を切ったたこを加えて良く和え、冷蔵庫で15分程置く。

  6. 器にチルドめかぶを盛り、5のたことつけだれを掛ける。

  • 今回はたこぽんとめかぶぽん酢を一度に楽しみました。たこのコリコリとした食感と、めかぶのつるねば感がとても良く合います。
  • たこの火の通し加減はお好みで。本当にさっとならば生に近い食感を、たっぷりと熱湯を掛ければ茹でだこに近い食感を味わえます。
  • 水だこは強いぬめりに臭みが含まれるため、たっぷりの塩でしっかりと揉み洗いしてぬめりと臭みを落とします。

庄内あさつきと鶏そぼろの卵味噌


★庄内あさつきと鶏そぼろの卵味噌の作り方


  1. 庄内あさつきは粗めの小口切りにする。

  2. フライパンに米油(サラダ油)をひき、中火で鶏ひき肉を炒める。

  3. 鶏ひき肉に火が通り油が透き通ったら、味噌、みりん、砂糖を加えて強めの弱火に落とし、みそを溶かしながら全体に行きわたらせる。

  4. 1のあさつきを加えて全体をさっと炒め合わせ、溶き卵を加える。

  5. 焦げ付かないように混ぜながら、卵が好みの加減になるまで加熱する。

  • 子供の頃から大好物の卵味噌。今回は、甘味と香りのよい庄内あさつきを加えました。小ねぎよりも上品で、強い甘味が卵味噌にとてもよく合います。
  • 今回は鶏ひき肉を使いましたが、かに缶やほたてなどで作っても美味しそう。
  • 今回は優しい仕上がりにしたかったので米油を使いましたが、香ばしい風味を出す場合はごま油を使っても。