長芋の千切り塩麹ユッケ風・大根のとろとろそぼろ煮

長芋の千切り塩麹ユッケ風

いつもお酒に合うようなおつまみを考え続けている僕。色々と工夫して作るのも好きですが、たまにはシンプルなものが食べたいと思うこともしばしば。それでも、何かしらひと工夫したり、違った味付けをしてみたくなるのが僕の性。

今回は、おつまみの王道である長芋の千切りと、シンプルな煮物である大根の煮物をちょっとだけアレンジ。こうやってちょっとずつ試してみると、ワンパターンで飽きることもなく、意外な美味しさも発見できて一石二鳥。パズルのようで料理って楽しいですね♪

今回は、長芋の千切り塩麹ユッケ風、大根のとろとろそぼろ煮をご紹介。


★長芋の千切り塩麹ユッケ風の作り方


  1. 長芋は皮をむいて千切りにする。

  2. 器に盛り付けて中心をくぼませ、卵黄を載せる。

  3. 塩麹、コショー、ごま油を掛け、良く混ぜて頂く。

  • 手軽なので良く作る長芋の千切り。今回はそんな長芋の千切りをひと工夫。塩麹のまろやかな塩味と旨味に、黄身の濃厚さとごま油の香ばしさがよく合います。
  • 塩麹は味に締りが出にくいので、コショーをしっかりきかせるのがポイント。これからの季節、冷たくすればつるんとのど越し良く食べられます。

大根のとろとろそぼろ煮


★大根のとろとろそぼろ煮の作り方


  1. 大根は2cm程度の厚さに切り、いちょう切りにしてラップに包み電子レンジで加熱する。

  2. 鍋にかつおこんぶだしを沸かし、下茹でした大根、みりんを加えて弱火でじっくり煮る。

  3. 大根にだしが浸みたら薄口しょう油を加え、更に弱火で煮る。

  4. 大根に味がしっかり浸みたら豚挽き肉を加え、固まらないようにほぐす。

  5. 豚挽き肉に火が通ったらごま油、薄口しょう油で味を調え、水溶き片栗粉でとろみを付ける。

  6. 煮立ってとろみが付いたところで卵白を流し入れる。

  • こちらも良く作る大根とそぼろの煮物。今回は長芋の千切りに卵黄を使い、余った卵白でアレンジしてみました。ふんわり感が増し、ほんのり卵の香る美味しい仕上がりになりました。
  • 時間があるなら、大根は煮た後一旦冷ますのがおすすめ。味がより浸みます。
  • 卵白を加えると味がぼけやすくなるので、ごま油で風味付け。多く入れすぎると油っぽくなるので香り付け程度に抑えます。