赤なすとにんにくの芽のひき肉味噌炒め・いかの地海苔塩麹和え・げそとアスパラのからしゴマヨ和え

赤なすとにんにくの芽のひき肉味噌炒め

でかした!!赤なす♪このなすのおかげで、うちでも頻繁に色々ななす料理が出来るようになりました。焼きなす以外進んでなすを食べなかった相方さんも、このなすなら大丈夫。大きい見た目からは想像できない優しい味と食感、すっかり虜になりました。

今回は、赤なすとにんにくの芽のひき肉味噌炒め、いかの地海苔塩麹和え、げそとアスパラのからしゴマヨ和えをご紹介。


★赤なすとにんにくの芽のひき肉味噌炒めの作り方


  1. 赤なすは乱切りにして水に晒す。

  2. にんにくの芽は適当な長さに切る。

  3. ボールに味噌、みりん、砂糖少々、しょう油少々、オイスターソース、コショーを入れてよく混ぜる。

  4. 赤なすの水を切り、耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで加熱する。

  5. 中華鍋またはフライパンにごま油をひき、豆板醤を加えて中火で炒める。

  6. 豚ひき肉を加え、ほぐしながら油が出るまでしっかり炒める。

  7. 強火にしてにんにくの芽を加えて炒める。

  8. にんにくの芽に火が通り始めたら赤なすを加える。

  9. 3の合わせ調味料を加え、絡めながら炒める。

  • 大ぶりの赤なすですが、皮が軟らかいので炒め物にしても口に残らずとろとろの食感を楽しめます。
  • なすは油を良く吸うので、あらかじめ電子レンジで加熱し油の吸収を抑えます。

いかの地海苔塩麹和え


★いかの地海苔塩麹和えの作り方


  1. 刺身用いかをさばき、胴の部分を皮を剥いて太めに切る。

  2. ボールにいか、地海苔、塩麹、しょう油少々、ごま油、鷹の爪の小口切りを加えて和える。

  • 切って和えるだけの簡単メニュー。地海苔の風味と塩麹の旨味がいかをより美味しくしてくれます。
  • 今回は肉厚で美味しそうなするめいかだったので、敢えて太めに切って食感を楽しめるようにしました。
  • 和えてすぐも美味しいですが、一晩置いて塩辛風にしても。もっちりとしたいかが楽しめます。

げそとアスパラのからしゴマヨ和え


★げそとアスパラのからしゴマヨ和えの作り方


  1. げそは長い部分を半分に切り、ばらしておく。エンペラは適当な幅に切る。

  2. アスパラは斜めにスライスする。

  3. 鍋にお湯を沸かして塩を加え、げそとアスパラをさっと茹でる。

  4. ざるにあけてしっかり湯切りする。

  5. ボールにげそ、アスパラ、マヨネーズ、すりごま、しょうゆ少々、レモン汁、からしを加えて和える。

  • いかの余った部分を使い和え物をもう一品。アスパラのしゃきしゃき感といかのプリプリ感が美味しい一品です。
  • 今回はいかと一緒に食べても食感がばらばらにならないよう、アスパラは斜めの薄切りにしました。火が通りやすいので、ゆで時間はさっとでOK。
  • 今回はからしを加えましたが、お好みでわさびや七味でも。マヨネーズ味がぴりっと締まります。