せりと水だこのかんずり炒め・ヒガシマルで下仁田親子豆腐

せりと水だこのかんずり炒め

最近スーパーには春を感じさせる山菜、野菜が並び始めています。たらの芽にふきのとう、うどなどの香りの強い野菜は、食べるだけでなんだか春を先取りしたような気分になります。

この日はそんな春の到来を感じさせる野菜のひとつ、せりを使って炒め物を作ることに。一緒に合わせたのは、売り場でこれだ!と目を引いた水だこ。さっと炒めれば、シャキッと、ぷりっと、美味しい食感が楽しめます。

味付けは、にんにくと新潟のご当地調味料、かんずりをきかせてぽん酢であっさりと。せりの香りと水だこの旨味をシンプルに楽しめる、簡単おつまみになりました。

今回は、せりと水だこのかんずり炒め、ヒガシマルで親子豆腐をご紹介。


★せりと水だこのかんずり炒めの作り方


  1. せりは根っこの泥をよく洗い落とし、根っこごとざく切りにする。

  2. にんにくは厚めにスライスする。

  3. 水だこは塩で揉み洗いして吸盤と足に分け、吸盤はひと口大に、足は薄切りにする。

  4. 中華鍋(またはフライパン)にオリーブオイルをひき、にんにくを弱火でじっくり加熱する。

  5. 香りが十分にたったらかんずりを加え、全体に行きわたるようほぐしながら炒める。

  6. 強火にして水だこ、せりを加えてさっと炒める。

  7. 火が通ったら火を消し、ぽん酢を鍋肌から回し入れてさっと混ぜる。

  • かんずりの持つ辛味と麹の旨味が広がり、せりとたこをより美味しくしてくれます。
  • ぽん酢は火を止めてから加えることで、適度に酸味が飛び全体の味の馴染がよくなります。
  • せりは根っこが美味しいので、泥を洗い流し根っこごと使ってください。

ヒガシマルで親子豆腐


★ヒガシマルで下仁田親子豆腐の作り方


  1. 下仁田ねぎは斜め切りにする。

  2. 鍋にお湯を沸かし、ヒガシマルうどんスープ、薄口しょう油、酒を入れて味を決める。

  3. 鶏ひき肉を加えてほぐしながら煮る。

  4. ひき肉がほぐれたら、下仁田ねぎを加えてしばらく煮る。

  5. ねぎが柔らかくなり始めたら、豆腐を手で適当にちぎりながら加え、蓋をして煮る。

  6. 豆腐が熱くなったら水溶き片栗粉でとろみを付け、仕上げに溶き卵を流し入れてかき玉にする。

  • 定番のヒガシマル豆腐を、今回は鶏ひき肉と卵の親子仕立てにしてみました。つるんと優しい美味しさです。
  • いつもは豆腐をさいの目切りにして加えますが、今回は敢えて適当にちぎって加えました。とろみを付ける際にも少し崩れたりし、大きさの違う豆腐の食感を楽しめます。