キャベツたっぷりせせりガノフ

キャベツたっぷりせせりガノフ

先日、ふと思いついて鶏のせせりをお鍋にしてみたところ、せせりは煮ても美味しいことが判明。これまでどうしても焼き鳥や炒め物のイメージが強かったので、意外な美味しさにビックリしてしまいました。

焼いたり炒めたりするとコリッとするせせりですが、煮ると硬くなるどころかほろっとした食感になり、余分な脂も無く鶏の旨味がぎゅっと詰まった美味しいお肉に変身。これはせせりの出番が多くなる予感。

そんなせせりを、今回はたっぷりのキャベツと共にストロガノフ風に。最後に加えるサワークリームが、鶏と相性の良い牛乳感と適度な酸味をプラスし、冬に美味しいあったかい一皿になりました。これとパンと白ワインがあれば、幸せな夕食の出来上がりです。

今回は、キャベツたっぷりせせりガノフをご紹介。


★キャベツたっぷりせせりガノフの作り方


  1. キャベツはざく切りに、玉ねぎ、マッシュルームは厚めにスライスする。

  2. 鶏せせり(ネック、こにく)は、煮て縮まることを考慮し、大きめに切る。

  3. フライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎを炒める。

  4. 玉ねぎが透き通り甘味が出てきたらせせりを加え、色が変わるまで炒める。

  5. キャベツ、マッシュルームを加えて油が回るまで炒め合わせる。

  6. 全体の1嵩の/4~1/3程度の水、コンソメを加えて蓋をし、強めの弱火で煮る。

  7. 野菜が好みの具合まで煮えたら、サワークリーム、塩、コショーを加えてさっと混ぜる。

  • ビーフストロガノフをせせりで作ってみました。鶏の旨味がギュッと詰まったせせりは、シチューやグラタンにも合いそう。ミルクとの相性ピッタリです。
  • 今回はキャベツが余っていたのでたっぷりと加えました。水を少量に抑えて野菜の水分で煮ることで、野菜の甘味がたっぷりと詰まったスープになります。
  • サワークリームを加えたら加熱しすぎないようにします。さっと仕上げて独特の爽やかな酸味を残します。
  • ここでも鉄フライパンの威力発揮!炒める→煮るにもきちんと対応してくれ、たっぷりのキャベツも短時間で火が通りました。しっかり火が通って甘味も出ているのに煮溶けない。鉄ならではの仕上がりです。