塩坦々鯛豚しゃぶ

塩坦々鯛豚しゃぶ

鯛茶漬けなどで食べられるように、鯛とごまの相性はぴったり。僕も好きな食べ方ですが、そんなベストカップルを、今回はお鍋にしてみました。

というのも、この日は何だか無性に鯛しゃぶを食べたくなり、丁度良く手頃な鯛も売っていたのですが、ついこの前ぽん酢で食べる鍋を作ってしまったので味付けを変えてみることに。

そこで思い出したのが家にある使いかけのねり胡麻。そうだ、鯛茶はねり胡麻味だった。それなら坦々風のお鍋にしちゃえばいいじゃん。という短絡的な発想でチャレンジ。

味付けのベースは味噌かな?とも思いましたが、今回は鯛の淡白な味を消さないよう、塩ベースに。初めて塩ベースの坦々味を作りましたが、さっぱりしつつもコクがあり、想像以上にお鍋にピッタリ。適当な思い付きで作った味付けですが、うちのお鍋のベースの定番入りしそうです。

今回は、塩坦々鯛しゃぶ(豚も一緒だよ)をご紹介。


★塩坦々鯛しゃぶ(豚も一緒だよ)の作り方


  1. 白菜、にらはざく切りにする。豆腐はひと口大に切る。

  2. 刺身用鯛は薄く切る。

  3. 土鍋にお湯を沸かし、味覇、塩、みりん、豆板醤、ねり胡麻、すり胡麻、コショーを加えて味を決める。

  4. 豆腐や野菜を煮ながら、鯛や豚などお好みの肉魚をしゃぶしゃぶして食べる。

  • ねり胡麻とすり胡麻は味の決め手になるのでたっぷりと加えます。
  • 使う肉魚はお好みで。今回は鯛と豚でしたが、牛やぶりしゃぶなんかも美味しそう。
  • 使う野菜もお好みで。しいたけやもやし、小松菜や青梗菜も合いそうです。
  • 〆はうどんがおすすめ。お肉やお魚のだしと野菜の甘味が出た、あっさりコク旨な塩坦々うどんになります。