スペアリブのオレンジジュース煮

スペアリブのオレンジジュース煮

この日はカルボナーラが食べたいとのリクエスト。パスタにするなら赤ワインでしょう!と、一緒に合わせるメニューをスーパーで考えていました。

すると相方が安売りしているスペアリブを発見。これがいいというのですが、焼くのか煮るのか尋ねたところ、「オレンジジュースで煮る」発言が。いつもあまり手の込んだものや食べなれないものは好きそうではないのに、意外な調理法が飛び出してきたから驚きです。

確かに、オレンジジュース煮やマーマレード煮というのはうっすら聞いたような覚えはありますが、もちろん作り方なんて知りません。でもここはいっちょチャレンジしてみるか!といつも通り想像&適当に作ってみました。

適当に作った割にはビックリする美味しさ。豚独特の脂の旨さをオレンジジュースの程よい甘酸っぱさが包む、新しい美味しさを発見することができました。

自分では到底試そうと思わないような調理法も、意外と美味しいものがたくさん隠れているのでしょう。料理の楽しさをまた一つ感じました。

今回は、スペアリブのオレンジジュース煮をご紹介。


★スペアリブのオレンジジュース煮の作り方


  1. 鍋にスペアリブ、塩、砂糖、コショー、ナツメグ、しょう油少々を入れ、かぶる程度の100%オレンジジュースを加えてしばらく漬け込む。

  2. 人参は皮を剥いて厚めの輪切りにする。

  3. 1に人参を加えて弱火に掛ける。

  4. アクが浮いてきたら取り、弱火でじっくりコトコト煮る。

  5. 煮汁が煮詰まって照りがでたらできあがり。

  • ナツメグを加えることで、オレンジジュースの甘さを引き締めます。
  • オレンジジュースの甘味により、加える砂糖の量を調整します。オレンジの酸味を和らげ食べやすくなります。
  • しょう油はほんの少し、隠し味程度でOK。煮詰めると意外にしょう油の風味が立つので、入れすぎるとバランスが崩れてしまいます。
  • 煮汁は照りが出てとろとろになるまでしっかり煮詰めたほうが、スペアリブに良く絡み美味しくなります。塩分は煮詰めることを考慮して加減してください。
  • 豚の脂とオレンジは相性が良いらしく、食事として全く違和感を感じない仕上がりになりました。オレンジの風味をまとった人参も美味。人参はオレンジに負けないように厚切りがおすすめです。