手羽先と大根のオイスター煮・まぐろと黄にらのユッケ風・明太ひじき

手羽先と大根のオイスター煮

この日も、立派な手羽先が安売りしていたので買ってしまいました。どうやって食べようかと考えたところ、使い切ってしまいたい大根があったことを思い出し、一緒に煮ることに。骨が付いたお肉は、煮ると旨味がぐっと出て美味しくなってくれるので大好きです。

今回は、手羽先と大根のオイスター煮、まぐろと黄にらのユッケ風、明太ひじきをご紹介。


★手羽先と大根のオイスター煮の作り方


  1. 大根は1.5cm程度の厚さに切り、皮を剥いて半分に切る。しょうがは千切りにする。

  2. 大根をラップで包み、電子レンジで加熱する。

  3. フライパンに手羽先の皮目を下にして並べ、隙間に大根を並べる。

  4. 中火に掛け、両面に焦げ目がつくまでしっかり焼く。

  5. ひたひたの水、しょうが、オイスターソース、砂糖、しょう油を加え、落し蓋をして中火で煮る。

  6. 好みの具合まで煮詰まったら水溶き片栗粉でとろみを付ける。

  7. 皿に盛り付け、好みでコショーを掛ける。

  • フライパンひとつで出来る簡単煮物。手羽先と大根をしっかり焼くことで香ばしさが加わります。大根の味の浸みも劇的にアップ。短時間で大根の煮物を作るときに使えそうなひと手間です。
  • 適度に煮詰めて水溶き片栗粉でとろみを付けることで、手羽先によく煮汁が絡まるようにしました。

まぐろと黄にらのユッケ風


★まぐろと黄にらのユッケ風の作り方


  1. 黄にらはざるに広げて熱湯を掛け、水で粗熱を取り水分を良く絞る。

  2. 1の黄にらを適当な幅に切る。

  3. まぐろを粗みじんに切ってボールへ入れ、豆板醤、しょう油、ごま油、砂糖少々を加えて和える。

  4. 皿にまぐろ、黄にらを盛り、真ん中に卵黄を載せてごまを振る。

  • うちのなんちゃってユッケ風味付け。コチュジャンが無いので豆板醤と少量の砂糖で代用。もちろんコチュジャンがある場合はそちらでもOK。
  • 黄にらは茹でてもシャキシャキ感が強く、強い香りと甘さが美味。卵黄と良く合います。

明太ひじき


★明太ひじきの作り方


  1. 明太子は皮を取り卵だけにする。油揚げは細切りにする。

  2. 鍋にごま油をひき、釜揚げひじき、油揚げを炒める。

  3. 香ばしい香りがたってきたら、しょう油、みりんを加えて炒め煮にする。

  4. 水分が適度に飛んだら火を止め、1の明太子を加えてよく混ぜる。

  • いつも作る明太こんにゃくのひじきバージョンを作ってみました。ひじきの磯の香りが明太子とピッタリ。
  • 今回は釜揚げひじきを使いましたが、手に入らない場合は乾燥ひじきを戻したものでもOK。
  • 明太子は火を止めてから加えることで、余熱で丁度よく火を通します。