鶏のにんにくねぎ塩麹焼き・ごま香る大根塩昆布サラダ

鶏のにんにくねぎ塩麹焼き

うちで大活躍の万能調味料、塩麹。それ自体が旨味を持っているのでシンプルな味付けでもとっても美味しくなるすぐれもの。それと同じくらい重宝しているのが、塩昆布。こちらも程よい塩分と昆布自体に旨味が詰まっているので、料理に調味料として加えるだけでとっても美味しくなります。

今回はそんな2つを使ったメニュー、鶏のにんにくねぎ塩麹焼き、ごま香る大根塩昆布サラダをご紹介。


★鶏のにんにくねぎ塩麹焼きの作り方


  1. 鶏もも肉は一口大に切る。にんにく、長ねぎはみじん切りにする。

  2. ボールに鶏肉、にんにく、長ねぎ、塩麹、ごま油、コショーを入れて混ぜ、しばらく漬ける。

  3. フライパンに漬けだれごと入れ、蓋をして中弱火で焼く。

  4. 途中裏返し、火が通るまで焼く。

  • 塩麹の得意分野、漬け込み料理。塩麹の効果で鶏肉が柔らかジューシーに仕上がります。
  • 今回はにんにくとねぎを効かせてガッツリ系の味付けに。コショーとごま油の香りが食欲をそそります。
  • 塩麹は焦げやすいので火加減にはご注意を。蓋をしてさっと中まで火を通します。

ごま香る大根塩昆布サラダ


★ごま香る大根塩昆布サラダの作り方


  1. 大根は千切りにする。三つ葉は適当な長さに切る。

  2. ボールに大根、三つ葉、塩昆布、すり胡麻、コショー、レモン汁少々、ごま油を入れてよく和える。

  • 今回は大根サラダを塩昆布の旨味とごまの風味でランクアップ。ご飯にも、お酒のおつまみにもぴったり。
  • 大根のシャキシャキ感を楽しむため、食べる直前に和えたほうが良いでしょう。時間が経つと浅漬けのようになります。