豚となすチーのミルフィーユアラビアータソース・夏色ポテサラ

豚となすチーのミルフィーユアラビアータソース

枝豆、とうきび、ゴーヤと、店頭に並ぶ夏野菜の数々。今の季節はスーパーに並ぶ野菜を見るだけでも、何だか元気が出てきそう。夏野菜の持つ色や艶には、そんな不思議な力があります。

今回は、夏野菜の中でもなすをひと工夫。焼きなすにするだけでも十分に美味しい食材ですが、豚のしゃぶしゃぶ用肉とスライスチーズを合わせて洋風にアレンジ。

なすの持つ水分と豚の肉汁、チーズがじゅわ~っと流れ出る、ジューシーなミルフィーユ仕立てにしてみました。同じメンバーでも調理法を変えれば色々な美味しさを楽しめる、これぞ料理の楽しみです。

今回は、豚となすチーのミルフィーユアラビアータソース、夏色ポテサラをご紹介。


★豚となすチーのミルフィーユアラビアータソースの作り方


  1. 玉ねぎは粗みじんに、ニンニクはスライスする。

  2. 鍋にオリーブオイルをひき、ニンニクを弱火で香りが出るまで炒める。

  3. 玉ねぎ、ちぎった鷹の爪を加えて更に炒め、トマト缶を加えて中火で煮込み、好みの濃度になったら塩で味を調えて火を止める。

  4. なすは豚しゃぶしゃぶ用肉の長さや幅に合わせて適当な厚さにスライスし、水に浸けてあく抜きする。

  5. とけるスライスチーズは4等分程度に割いておく。

  6. バットに小麦粉、塩、コショーを入れてよく混ぜる。

  7. 豚しゃぶしゃぶ用肉に6の粉を薄くまぶし、4のなす、5のチーズを載せてぎゅっと押し、上に粉をまぶした豚肉を重ねる。

  8. この作業を数段繰り返し、重ね終わりを豚肉にし、楊枝で2ヶ所ほど刺して留める。

  9. フライパンにオリーブオイルをひき、8を並べ蓋をして中火で焼く。

  10. 底面、両側面の3面に焼き色を付けたら水を加え、蓋をして弱火で蒸し焼きにする。

  11. 具材に火が通ったら皿に盛り、崩れないように注意しながら楊枝を取る。

  12. 3のトマトソースを温め、皿に盛りつける。

  • 豚しゃぶしゃぶ用肉を使うことで、暑い日でも軽い感覚でお肉を食べることができます。お財布にも優しく、一石二鳥♪
  • 豚、なす、チーズを重ねることで、それぞれのジューシーさを閉じ込め、ナイフを入れたときにジュワっと溢れ出す仕上がりに。
  • 今回は、白なすというなすを使ってみました。米なすや普通のなすなどお好みのなすで試してみてください。
  • 小麦粉にあらかじめ塩、コショーを混ぜておくことで、豚に下味を付ける手間を省きました。この方法、意外と使えそうです。
  • 今回は夏を意識し、鷹の爪をきかせたピリッと辛いトマトソースに仕上げました。鷹の爪とにんにくがきいているので、味付けは塩だけでOK。

夏色ポテサラ


★夏色ポテサラの作り方


  1. 鍋にお湯を沸かし、枝豆を茹でる。

  2. 玉ねぎはスライス、ベーコンは適当な幅に切る。

  3. フライパンにベーコンを入れ、弱火でカリカリになるまで炒め、ボールに取り出す。

  4. 残ったベーコンの油で玉ねぎをさっと炒め、ボールに取り出す。

  5. とうもろこしは皮ごと電子レンジに入れ、2分ほど加熱する。

  6. じゃがいもは洗って水分をつけたままラップに包み、電子レンジで4分ほど加熱する。

  7. じゃがいもは熱いうちに皮を剥いて芽を取り、ボールに入れてスプーンで好みの具合に潰す。

  8. とうもろこしの実を外してボールに加える。枝豆も豆を取り出しボールに加える。

  9. 塩、コショー、バジル、レモン汁、オリーブオイル、マヨネーズを加えてよく混ぜる。

  • 今回は普通のポテトサラダに夏らしい野菜をプラス。枝豆やとうきびの粒々感と風味がポテサラをより美味しくしてくれます。
  • 玉ねぎの炒め加減はお好みで。さっと炒めればシャキッと感を残せ、しっかり炒めれば甘味を引き出せます。
  • とうきびや玉ねぎから甘味がしっかり出るので味付けは控えめに。マヨネーズは風味付け程度に抑えたほうが軽い仕上がりになります。今回はブラックペッパーを多めにして味を引き締めました。