鶏団子鳥もつキムチ鍋

鶏団子鳥もつキムチ鍋

寒い季節になると食べたくなるキムチ鍋。うちでは豚バラのしゃぶしゃぶ用を使い、煮ながら食べるのが定番なのですが、いつもそればかりでは飽きてしまいます。

この日もキムチ鍋は食べたいけど豚の気分ではない、そんな日。そこで目先を変えて鶏団子を入れてみることにしました。そしてこの日行ったスーパーは鶏レバーが新鮮で美味しいので、それも一緒に入れてみることに。

鶏団子はキムチ鍋のだしを吸ってほくほくジューシーに、炒めてから煮たレバーも意外にキムチ鍋に合うかも。いつもとは違う食材の組み合わせで新しい味ができる、やっぱり料理って楽しいですね。

今回は、鶏団子鳥もつキムチ鍋をご紹介。


★鶏団子鳥もつキムチ鍋の作り方


  1. にらはざく切りに、豆腐はひと口大、にんにくは厚めのスライス、しょうがは千切りにする。

  2. 鶏レバーはひと口大に切り血の塊を取る。ハツも開いて血の塊を取る。好みで牛乳に浸すなどして臭み取りをする。

  3. 土鍋にごま油をひき、にんにく、しょうがを炒める。

  4. 香りがたったらレバー、ハツを加えて炒める。

  5. 色が変わったらキムチ、豆板醤を加え、旨味が出るまでしっかり炒める。

  6. ベジブロス(無ければ水と中華スープの素)を加えて煮立たせ、みりん、味噌で味を調える。

  7. ボールに鶏ひき肉、すり胡麻、卵、味噌、コショー、ごま油、片栗粉を入れてよく混ぜる。

  8. 6に7のタネをスプーンで成形しながら落とし、しばらく煮る。

  9. 豆腐、豆もやし、にらを加えて火が通るまで煮る。

  • 鶏レバーとハツは味が浸みにくく、プリッとした食感はキムチ鍋には合わない気がしたので、炒めてからしっかりと煮込みました。ホクホクとした食感と独特の風味は、レバーが好きな方にはお勧めです。
  • 鶏団子にも味を浸みこませたかったので、こちらもしっかりと煮ました。キムチ鍋のだしが浸みて、熱々の美味しさを楽しめます。
  • 鶏団子にすり胡麻と味噌を加えることで、キムチ鍋に負けないコクと香ばしさをプラス。お好みでネギやにらを刻んだものを加えても。
  • 今回はレバーとハツを入れましたが、苦手な方はもちろん鶏団子だけでも。