牛と九条ねぎの山椒赤味噌煮・足つきなめこの卵とじ

牛と九条ねぎの山椒赤味噌煮

この日は、近所のスーパーでいいすき焼き用のお肉が安売りしていました。でもすき焼きって感じではなかったので、煮物にアレンジ。すき焼き用なので厚みも適度にあり、食べ応えバッチリのおかずに仕上がりました。

今回ご紹介するのは、牛と九条ネギの山椒赤味噌煮、足つきなめこの卵とじです。


★牛と九条ネギの山椒赤味噌煮の作り方


  1. 九条ネギは3cm程度に、牛肉と白滝は一口大に切る。

  2. 鍋にごま油をひき、牛、白滝、九条ネギの太い部分をさっと炒める。

  3. かつおだしを入れ、豆腐をちぎり入れてみりん、砂糖少々、実山椒を加えて煮る。

  4. 具材にダシが浸みたら、赤味噌を加えて味を決める。

  5. 最後に九条ネギの葉の部分を入れ、さっと煮る。

  • 全て火の通りやすい具材なので、煮込む必要が無く簡単にできます。
  • 九条ネギの煮具合はお好みで。トロトロにしたい場合は、早い段階で葉も入れます。
  • 味噌っぽさを出すため、煮汁は少な目の方がいいでしょう。

足つきなめこの卵とじ


★足つきなめこの卵とじの作り方


  1. 足付きなめこは石突を取り、ほぐしておく。三つ葉は3cm程度に切る。

  2. 鍋にお湯を沸かし、かつおぶしを加えてかつおだしを取る。

  3. 漉したかつおだしに、みりん、塩、薄口しょう油を入れて味を決める。

  4. 沸騰した煮汁になめこを入れさっと煮る。

  5. なめこが煮えたら三つ葉を加え、溶き卵を流し入れて蓋をし、卵が好みの固さになるまで火を通す。

  • 卵を入れたらかき混ぜすぎないのがポイント。混ぜすぎるとかき玉汁のようになってしまいます。
  • 足付きなめこの軸のシャキッとした食感と風味、適度なとろみが活かされる食べ方です。