かつおと菜の花のからし醤油漬け・初鰹と新玉のタルタル風なめろう・春の香り野菜の南蛮漬け・うどと豚バラのオイスター炒め

かつおと菜の花のからし醤油漬け

この日は、相方さんが急遽夜に仕事が入ったので、久しぶりのひとり晩酌。いつもは使えない禁制品をここぞとばかりに使い、ひとりで幸せに浸っていました。

初鰹、山うど、菜の花、新玉ねぎ・・・。春の香り満載のつまみの数々に、すっかり飲みすぎてしまいました。香りの強い野菜、好きだなぁ♪

今回は、かつおと菜の花のからし醤油漬け、初鰹と新玉ねぎのタルタル風なめろう、春の香り野菜の南蛮漬け、うどと豚バラのオイスター炒めをご紹介。


★かつおと菜の花のからし醤油漬けの作り方


  1. 菜の花はざく切りにしてさっと塩茹でし、水気をしっかり切る。

  2. かつおは好みの厚さにスライスする。

  3. ボールにしょう油、みりん、からしを入れてよく混ぜる。

  4. かつお、菜の花を加えて和え、冷蔵庫でしばらく寝かせる。

  • 伊豆諸島の郷土料理、島寿司をヒントにして考えたひと品。からし醤油でかつおを漬けておつまみにしてみました。からし醤油と相性の良い菜の花もプラスし、春っぽさ満点です。
  • 初鰹は脂や臭みが無いので、菜の花と一緒に漬けにしても生臭さは一切出ません。漬けにしてねっとりとした食感になった初鰹はまた違った美味しさです。
  • しょうゆだれはみりんをきかせて甘めにするのがポイント。あっさりとした初鰹に良く合います。

初鰹と新玉ねぎのタルタル風なめろう


★初鰹と新玉ねぎのタルタル風なめろうの作り方


  1. 新玉ねぎは粗みじんに切る。初鰹はざく切りにする。

  2. 塩、コショー、しょう油少々、セージ、オリーブオイル、レモン汁を加えて包丁で好みの具合まで叩く。

  3. 皿に盛り付け、中央に卵黄を載せる。コショー、バジルを掛けて出来上がり。

  • うちの定番かつおのなめろうを、新玉ねぎと合わせて洋風にアレンジ。いつもとは違った美味しさを発見できました。日本酒でもいいですが、これはキリリと冷やした白ワインに合いそう。
  • しょう油、セージは風味付け程度でOK。あまり入れすぎると初鰹の控えめな風味が消えてしまいます。
  • いつもは結構しっかり目に叩きますが、新玉ねぎの食感と合わせるため、今回は粗めにして食感を残しました。
  • 作り置きすると新玉ねぎがしんなりしてしまうので、食べる直前に包丁で合わせるようにします。

春の香り野菜の南蛮漬け


★春の香り野菜の南蛮漬けの作り方


  1. 菜の花はざく切りにしてさっと塩茹でする。

  2. うどは皮を剥いて厚めにスライスすし、酢水に晒してあくを抜く。

  3. 新玉ねぎは1cm程度の厚さにスライスする。

  4. 鍋に酢、塩、しょう油、砂糖、水、鷹の爪を入れてひと煮立ちさせる。

  5. 南蛮酢が熱いうちに野菜を加えてボールに移し、味がなじむまで漬ける。

  • 菜の花、うど、新玉ねぎと、どれも一品で使い切れなかった残りを南蛮漬けにしました。春野菜の香りやほろ苦さがとっても美味しいひと品です。
  • 春野菜の色や香りを生かすため、味付けは塩をメインにしました。しょう油は風味付け程度にします。
  • 簡単に出来るので、残った野菜の使い回しにピッタリ。でもうちでは漬物や南蛮漬けはダメなんだよなぁ。残念。

うどと豚バラのオイスター炒め


★うどと豚バラのオイスター炒めの作り方


  1. うどは皮を剥いて拍子木切りにし、酢水に晒してあくを抜く。

  2. 豚バラは適当な幅に切る。

  3. フライパンにごま油をひき、豚バラを炒める。

  4. 豚バラから油が出たらうどを加えて強火にし、オイスターソース、塩、コショーを加えてさっと炒める。

  • いつもは酢味噌で食べるうどを、雰囲気を変えて炒め物にしてみました。独特の風味が豚バラと相性バッチリ。ご飯のおかずにも、お酒のおつまみにもピッタリです。
  • うどは生でも食べられるので、短時間で炒めて食感を残しました。
  • オイスターソースに結構な塩分が含まれているので、塩は調整程度でOK。