まぐろと庄内あさつきの味噌マスタードユッケ・下仁田ねぎと菜の花の煮浸し

まぐろと庄内あさつきの味噌マスタードユッケ

この日のメインは、カレー粉で下味を付けた、鶏骨付きももの素揚げ。もうまた揚げ物かよ、と言われてしまいそうです。本当にそう、また揚げ物なんです。

というのも、南部鉄鍋の油跳ねの無さもさることながら、今回初めて買ったオイルポットがとても使いやすくて。活性炭のカートリッジで油を濾せば、カレー粉を使った揚げ物の後でも臭いは激減。

これなら面倒な油の処理の回数も減り、気軽に油ものを作れるようになったのです。これまで封印していた揚げ物欲求が一気に爆発し、大変なことにならないよう気を付けないと・・・。

楽天市場-「ファミリーシチューパン」6件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届けも可能です。

ということで、この日は揚げ鶏をメインに居酒屋メニュー。美味しそうなまぐろぶつが売っていたので、ユッケにすることに。一緒に合わせるのは、最近お気に入りの庄内あさつき。

いつもはしょう油ベースで味付けするのですが、今回はコクとまったり感を出すために味噌で味付け。辛味も唐辛子ではなく、粒マスタード。味付けのベースを変えるだけでいつもと違った雰囲気のユッケになりました。

今回は、まぐろと庄内あさつきの味噌マスタードユッケ、下仁田ねぎと菜の花の煮浸しをご紹介。


★まぐろと庄内あさつきの味噌マスタードユッケの作り方


  1. 庄内あさつきは熱湯を掛け、水気を絞って大きめの小口切りにする。

  2. まぐろ赤身は細切りにする。

  3. ボールにまぐろ、庄内あさつき、粒マスタード、味噌、しょう油、砂糖、コショー、ごま油を入れてよく和える。

  4. 皿に盛り付け、中央をくぼませて卵黄を載せる。

  • いつもはしょう油に豆板醤、気分でにんにくを使ううちのユッケですが、今回は味噌と粒マスタードで印象を変えてみました。まったり感が出てお酒に良く合います。お好みで海苔で巻いても美味しそう。

下仁田ねぎと菜の花の煮浸し


★下仁田ねぎと菜の花の煮浸し


  1. 下仁田ねぎは適当な幅の筒切り、菜の花はざく切り、油揚げは短冊切りにする。

  2. 鍋にかつおだし、酒、薄口しょうゆを入れて味を決め、下仁田ねぎ、油揚げを煮る。

  3. 下仁田ねぎがとろっと煮えたら火を強め、仕上げに菜の花を加えてさっと火を通し、皿に盛る。

  • 久々に作った煮浸し。今回は冬の下仁田ねぎから春の菜の花へと季節のバトンタッチ。どちらも手に入る今の時期ならではです。
  • 下仁田ねぎからとろりとした甘味が出るので、味付けはだし、薄口、酒のみでとても美味しく仕上がります。
  • 下仁田ねぎはいつも斜め切りにするのですが、今回は煮ても存在感が残るよう、太めの筒切りにしました。味が浸みるまで煮ても溶けてしまわず、とろりとした食感を楽しめます。