トマトと玉ねぎの肉詰め焼きチーズソース・スモークサーモンとグレフルのサラダ

トマトと玉ねぎの肉詰め焼きチーズソース

今年も淡路島から玉ねぎが届きました。サイクリングで淡路島を訪れて以来、あの玉ねぎの美味しさにすっかり虜になってしまい、毎年同じ農園からお取り寄せしています。

普通に売っているものよりもずっと肉厚でジューシーな玉ねぎ。煮ても焼いてもメインになりうる程存在感抜群なので、どうやって調理しようかいつも楽しみながら悩んでいます。

今回は中をくり抜き肉詰めにしてみました。肉厚で甘い玉ねぎがお肉とチーズの旨味をまとい、味覚もお腹も満足な一品になりました。

今回は、玉ねぎとトマトの肉詰め焼きチーズソース、スモークサーモンとグレープフルーツのサラダをご紹介。


★玉ねぎとトマトの肉詰め焼きチーズソースの作り方


  1. 玉ねぎは皮をむき、頭とお尻を切り落とし、上から1/4程度を切り落とす。

  2. 切り落とした面に、外側の厚皮2枚程度より内側に十字に切りこみを入れ、スプーンで中をくり抜く。

  3. トマトはへたの部分を切り落とし、スプーンで中の種を取り除く。

  4. ボールにトマトの種の部分、合挽き肉、パン粉、塩、コショー、ローズマリーを入れて良くこねる。

  5. 玉ねぎとトマトの内側に片栗粉をはたき、4のタネをしっかり詰める。

  6. フライパンにバター、オリーブオイル、おろしニンニクを入れ、5の肉の部分を下にして並べ、蓋をして弱火でじっくり焼く。

  7. 半分程度火が通ったら裏返し、蓋をして弱火で更に焼く。

  8. 玉ねぎとタネにしっかり火が通ったら皿に取り出す。

  9. 残った肉汁にとけるチーズを加え、塩、コショーで味を調え、8に掛ける。

  • 肉厚な玉ねぎは、じっくり蒸し焼きにしても溶けることなく食感を保ってくれます。弱火でじっくり火を通すことで、玉ねぎの甘さがより引き出され、玉ねぎがメインのご馳走に大変身。
  • 今回は、取り除いたトマトの種もお肉に加えました。食感の邪魔にもならず、トマトの旨味が詰まった部分なので、タネの旨味がグッとUPします。
  • 今回はローズマリーを加えましたが、バジルやタイムなどお好みのハーブでもOK。
  • タネや野菜から出たジュースをそのままソースにしたかったので、焼く際に使う油は控えめにしました。おろしニンニクを加えることで風味と満足感がUP。苦手な方は加えなくてもOKです。

スモークサーモンとグレープフルーツのサラダ


★スモークサーモンとグレープフルーツのサラダの作り方


  1. グレープフルーツは皮をむき、薄皮もむいて実を適当な大きさにちぎる。

  2. 玉ねぎはスライスまたは粗みじんに切る。

  3. ボールにグレープフルーツ、玉ねぎを入れ、オリーブオイル、塩、コショー、セージを加えてよく混ぜ、冷蔵庫でしばらくマリネする。

  4. 皿にベビーリーフ等お好みの葉野菜を敷き、3を載せて上からスモークサーモンを並べる。

  • 暑い夏でも食べられるよう、グレープフルーツの爽やかな酸味をドレッシングとして活かしてみました。
  • 今回は肉詰めを作る際にくり抜いた玉ねぎを使ったので粗みじんにしましたが、スライスの方が食べやすいでしょう。
  • スモークサーモンの塩分により、加える塩の調整をしてください。