ペンネのゴルゴンゾーラソース・めかじきのトマト煮・九条ねぎのマスタードサラダ

ペンネのゴルゴンゾーラソース

今回は、長野でお土産に買ってきたそば粉で作ったペンネを料理してみました。見た目はペンネでも味や食感は干そば。面白いパスタでした。

ペンネのゴルゴンゾーラソース、メカジキのトマト煮、九条ねぎのマスタードサラダをご紹介。


★ペンネのゴルゴンゾーラソースの作り方


  1. マッシュルームは薄切りにする。

  2. フライパンにバターを溶かし、マッシュルームを炒める。

  3. 生クリーム、同量の牛乳を加えて少々煮詰める。

  4. ゴルゴンゾーラチーズをほぐし入れ、よく溶かす。

  5. コショーを入れて味を調える。塩分が足りないようなら塩を加える。

  6. ペンネを指定時間茹で、しっかり湯切りをする。

  7. ペンネを加えてしっかり絡める。

  • 3の煮詰める濃度はお好みで。チーズを加えても意外にとろみはつきません。
  • チーズの塩分によって仕上がりがだいぶ違います。今回はちょっとしょっぱくなってしまいました。味加減にはご注意を。
  • コショーを効かせるのがポイント。できれば黒コショーのあらびきで。乳製品のまったりした味を引き締めます。

めかじきのトマト煮


★メカジキのトマト煮の作り方


  1. メカジキは厚めのものを選び、大き目の一口大に切り塩、コショーで下味を付け、薄く小麦粉をはたいておく。

  2. ズッキーニは厚めの半月切り、玉ねぎは縦半分を更に4等分程度、マッシュルームは縦4等分、加熱用トマトも4等分程度、ニンニクは薄切りにする。

  3. フライパンにオリーブオイルをひき、1のメカジキの周りをこんがり焼く。

  4. メカジキを取り出し、オリーブオイルを足してニンニク、ちぎった鷹の爪を入れて香りを出す。

  5. たまねぎ、ズッキーニ、トマトを加えて全体に油が回るまで炒める。

  6. トマト缶を加え、マッシュルーム、コンソメを加えて柔らかくなるまで煮込む。

  7. 塩、コショー、バジル、オレガノで味を調え、4で分けておいたメカジキを加え、火が通るまでさっと煮る。

  • 今回初めて加熱用トマトを加えてみましたが、これが大正解!コクや甘味が出て、いつものトマトソースより数段美味しく出来上がります。もちろん無ければ入れなくても充分美味しくできます。
  • メカジキはあらかじめ小麦粉で周りをこんがりコーティングすることがポイント。トマトソースとの絡みがよくなる他、仕上がりのパサつきを防止してくれます。
  • メカジキは煮すぎないように注意。火を入れすぎるとパサついて美味しくなくなります。

九条ねぎのマスタードサラダ


★九条ねぎのマスタードサラダの作り方


  1. 九条ねぎは1cm幅程度の斜め切りにし、水に軽くさらしておく。

  2. ミニトマトは縦4等分に切る。

  3. 九条ねぎの水気をしっかり切りボールに入れ、トマト、ツナ缶、オリーブオイル、塩、コショー、バジル、柑橘果汁、粒マスタードを入れてよく混ぜ、冷蔵庫で寝かせる。

  • 九条ねぎは軽く水にさらすのがポイント。辛味や土臭さが消えます。
  • ツナ缶はノンオイルのものがおすすめ。九条ねぎのさっぱりとした美味しさを引き立てます。
  • さらし玉ねぎからヒントを得て作ってみましたが、葉のしっかりした風味のある九条ねぎはサラダにもよく合います。シャキシャキの食感もいいですよ。