オニオンローストチキンレッグ・生ハムてまりポテサラ・スモークチーズとパストラミのパテ

オニオンローストチキンレッグ

遅ればせながら、メリークリスマス!皆さんは楽しく過ごせましたでしょうか?僕は毎年恒例となったとらふぐ亭で幸せに浸れました♪

そして昨日、明けだったのでせっかくだからとチキンを焼きました。ふぐもいいけど、やっぱりワイン片手に家で過ごすクリスマスもいいものですよね♪

クリスマスも終わり、いよいよ年末年始。今年はいつもより寒い気がします。体調にはご注意の上、楽しい年末年始をお過ごしください♪

今回は、オニオンローストチキンレッグ、生ハムてまりポテサラクリスマスver.、スモークチーズとパストラミのパテをご紹介。


★オニオンローストチキンレッグの作り方


  1. バットに玉ねぎをすりおろし、おろしにんにく、塩、コショー、タイム、オリーブオイル、はちみつを加えてよく混ぜる。

  2. 骨付き鶏もも肉の皮目にフォークを刺し、味の浸みを良くする。

  3. 鶏を1のバットへ入れ、両面に漬けだれをよく揉み込み、落としラップをして冷蔵庫で半日~1日寝かせる。

  4. パプリカはくし形切りにする。

  5. 天板に鶏を皮目を上にして置き、周りにパプリカを並べ、全体に漬けだれを掛ける。

  6. 200℃に予熱しておいたオーブンへ入れ、20分焼く。

  7. 20分たったら一旦取出し、出た油を鶏やパプリカへ掛け、再度200℃で20分程焼く。

  8. 20分たったら取り出し、焼き目が足りないようならグリル機能に切り替え、5~10分程度焼く。

  9. 鶏とパプリカを皿に盛り付け、茹でたほうれん草を残ったたれに絡めて盛り付ける。

  • いつものローストチキンレッグを、今回は玉ねぎで漬け込んでみました。玉ねぎの旨味が鶏に浸みこんでジューシーになり、おろし玉ねぎも一緒にじっくりローストすることで甘味が引き立ちます。
  • 今回はクリスマスカラーを意識して、付け合せをパプリカとほうれん草にしましたが、一緒に焼く野菜はお好みで。

生ハムてまりポテサラクリスマスバージョン


★生ハムてまりポテサラクリスマスver.の作り方


  1. じゃがいもは皮を剥き、濡らしたキッチンペーパーとラップで包み、電子レンジで加熱する。

  2. 玉ねぎ、パプリカ、オリーブはみじん切りにする。

  3. じゃがいもが茹で上がったらボールに移し、スプーンで好みの具合に潰す。

  4. 3に玉ねぎ、オリーブ、塩、コショー、バジル、レモン汁、オリーブオイル少々を加えて混ぜる。

  5. ボールにみじん切りのパプリカ、マヨネーズを加えて混ぜ、塩、コショーで味を調える。

  6. ラップを大きめに切り、生ハムを敷いて上に4のポテサラを適量載せ、ラップで巾着状に包んでてまりにする。

  7. 皿に6のてまりポテサラ、ベビーリーフ、ミニトマトを盛り付け、5のドレッシングを掛ける。

  • いつも作るポテサラを、生ハムを使っててまりにしました。生ハムとの一体感も増し、見た目もなんとなくオードブルっぽくなります。
  • 生ハムの塩分とマヨドレッシングがあるので、ポテサラの味付けは下味程度でOK。
  • 今回はワインに合うよう、ポテサラにオリーブの実を加えて風味を良くしました。コショーやバジルをちょっと強めにきかせるのもポイント。
  • みじん切りのパプリカとマヨネーズを合わせ、きれいな色のドレッシングにしました。お好みで明太子などでも美味しそう。

クリームチーズとパストラミのパテ


★スモークチーズとパストラミのパテの作り方


  1. クリームチーズは室温に戻して柔らかくしておく。

  2. パストラミポークは好みの大きさの角切りにする。スモークチーズは粗みじんに切る。

  3. ボールにクリームチーズを入れ、塩、コショー、レモン汁、オリーブオイルを加えて滑らかになるまで混ぜる。

  4. 3にパストラミポーク、スモークチーズを加えて混ぜる。

  • スモークとクリームのチーズダブル使いがポイント。スモークチーズの香りと適度な食感が、パンやワインにとても良く合います。
  • スモークチーズはプロセスチーズの場合が多いと思うので、あまり大きすぎると食感が悪くなります。粗みじんに切ってクリームチーズとの馴染を良くします。
  • 今回はパンに載せて食べましたが、サンドイッチにしても美味しそう。その他に、茹でたじゃがいもに合わせたりしてもいいかもしれません。