さんまーボー・海老芋となすのオイスター味噌煮

さんまーボー

何だか、前の記事のお鍋と同じような味付けのレシピが続いてしまいました。というよりも、こちらの料理の方が先に思い付いたもの。ふとさんまをピリ辛で食べたくなり、適当に作ったひと品。その時に久々に買った花椒の刺激が美味しく、続いて麻辣鍋を作ることになったのです。

いつもは塩焼きやしょう油で煮て食べるさんまですが、たまには違った味付けで食べてみたいと、麻婆風に仕上げてみることに。薬味たっぷりのピリ辛ソースを絡めれば、ご飯にもお酒にもピッタリな美味しさに。

フライパンひとつで簡単に出来る、いつもとは違ったさんま料理。もうすぐさんまのシーズンは終わってしまいますが、またひとつ、さんまの美味しい食べ方を見つけました。

今回は、さんまーボー、海老芋となすのオイスター味噌煮をご紹介。


★さんまーボーの作り方


  1. にんにく、しょうがは粗みじんに切る。長ねぎは太めのせん切りにする。

  2. さんまは三枚におろし、それぞれ3~4等分程度に切り、塩、コショーを軽く振ってしばらく置く。

  3. さんまから出た水分を拭き取り、片栗粉を全体に薄くまぶす。

  4. フライパンにごま油をひき、3のさんまの皮目を下にして並べ、強めの中火で焼き色が付くまで焼く。

  5. こんがり焼けたら裏返し、身の方も香ばしく焼く。

  6. フライパンを傾け、さんまから出た余分な油をキッチンペーパーで拭き取る。

  7. さんまを寄せてフライパンにスペースを作り、にんにく、しょうが、潰した中国山椒(花椒)、豆板醤を加えて炒める。

  8. 香りが出たら水、みりんを少量加えて煮立たせ、オイスターソース、味噌、しょう油、味覇で味を調える。

  9. 中火で煮絡ませ、好みの具合に煮詰まったら皿に盛り、仕上げに長ねぎを載せる。

  • 脂の載ったさんまと麻婆味は思いのほか相性バッチリ。ビール、日本酒、紹興酒、そしてもちろんご飯にも。
  • さんまを焼いた時に出る油には独特の匂いがあるので、ある程度拭き取った方が臭みの無い仕上がりになります。
  • 今回は味噌とみりんでコクと甘味を出しましたが、甜麺醤がある場合はそちらを使っても。
  • 水を入れすぎると丁度良く煮詰まるまで時間が掛かり、さんまがボソボソになってしまうので、短時間で煮絡まる程度の量を加えます。さんまには焼いている時点で火が通ります。

海老芋となすのオイスター味噌煮


★海老芋となすのオイスター味噌煮の作り方


  1. 海老芋は皮を剥き、大きめの乱切りにする。なすも大きめの乱切りにする。

  2. 鍋にごま油をひき、豚ひき肉を炒める。

  3. ひき肉がほぐれたら、なす、海老芋を加えて炒める。

  4. 全体に油が回ったら、かつおだし、みりんを加え、落し蓋をして弱火で煮る。

  5. 落し蓋を開け、オイスターソース、味噌を加えて味を決め、再び落し蓋をして弱火で味が浸みるまで煮る。

  • なすは大ぶりに切って油で炒めることで、とろっとした食感を楽しめます。
  • 今回使ったのは、「とろとろ炒めなす」という品種。皮が薄くあくも無く、身がしっかりしていてとろっとなるので、とっても美味しいなすです。