骨まで食べちゃうさんまの山椒味噌煮・にらともやしの中華風卵とじ・なすとがんも煮

骨まで食べちゃうさんまの山椒味噌煮

またまたサンマの登場です!もう本当に好きすぎて、毎日食べてもいいくらい。今回は初めてサンマを煮てみました。前々から圧力鍋で魚を煮ると、骨まで食べられると聞いていたので、絶対やってみようと思っていたひと品。

今回は、骨まで食べちゃうサンマの山椒味噌煮、ニラともやしの中華風卵とじ、ナスとがんも煮のご紹介。


★骨まで食べちゃうサンマの山椒味噌煮の作り方


  1. サンマは内臓を取りよく洗い、頭としっぽを取り、4等分程度のぶつ切りにする。

  2. 圧力鍋に水をはり、昆布を入れて30分ほど浸ける。

  3. サンマをざるに並べ、上から熱湯をかけて臭みを取る。

  4. 圧力鍋を火に掛け、沸騰する前に昆布を取り出し、千切りにしたしょうが、実山椒、みりん、砂糖、しょう油少々を入れて煮立たせ、サンマを加える。

  5. 蓋をして蒸気が上がったら、中弱火で30分ほど加圧し、自然放置する。

  6. ピンが下がったら蓋を開け、味噌を溶かして中火に掛け、好みの濃度になるまで煮詰める。

  • サンマは脂がのっているため、お湯で霜降りして臭みを抜きます。
  • サンマを入れるのは、必ず煮立ってから。沸騰する前に魚を入れると、生臭みが出てしまいます。
  • 煮汁は必要最小限で。あまり多いと、味噌を加えてもドロッと仕上がらず、味噌汁のようになってしまいます。
  • 味噌の味付けは薄めに。ドロッとするまで煮詰める過程で、丁度良い塩分になるように考慮します。
  • 圧力鍋で煮ると、骨もサクサクした食感になり、丸ごと美味しくいただけます。

にらともやしの中華風卵とじ


★ニラともやしの中華風卵とじの作り方


  1. ニラは3cm程度に切る。

  2. フライパンにごま油をひき、豆板醤、ツナ缶を入れて軽く炒める。

  3. オイスターソース、みりん、しょう油、砂糖、水少々を加えて煮立たせる。

  4. もやしとニラを加え、火が通るまで炒め煮にする。

  5. 溶き卵を加え、好みの火の通り具合になったらできあがり。

  • いつもの卵とじを、今回は中華風にアレンジ。ニラの香りともやしの食感によく合います。
  • ツナ缶と豆板醤がいいアクセントになります。

なすとがんも煮


★ナスとがんも煮の作り方


  1. ナスは厚めの輪切りに、がんもは大きい場合は適当に切り分ける。

  2. 鍋にお湯を沸かしかつお節を加えてかつおだしをとる。

  3. 漉したかつおだしに、塩、薄口しょう油、みりんを加えて味を調える。

  4. がんもを加えてしばらく煮含ませる。

  5. ナスを加え、ナスに味が浸みるまで煮る。

  • 素材の味を楽しむために、味付けは薄味で。
  • 時間に余裕があるときは、煮た後一旦冷ますと、より味が浸みこみます。