塩バターキムチ鍋

塩バターキムチ鍋

この日は無性にキムチ鍋が食べたくなり、迷わずメニュー決定。いざ作ろうと台所に立ったところ、何となくいつもと同じじゃつまらないなぁ、なんていけない考えが浮かんでしまいました。

そうなると色々いじってみたくなるという悪い癖が出てしまい、結局少しだけ作り方を変えてみることに。

うちのキムチ鍋は、味噌や豆板醤をベースにした和韓中ごちゃまぜの適当味付け。それでも好評で、もう何年もの間定番メニューとなっています。

そこでまずは味付けを味噌ベースから塩に替えてみることに。でも塩だけだと少しコクが足りなさそうだったので、冷蔵庫に余っているバターを使ってみました。

できあがっていざひと口。いつものものとは全く違う、バター風味が程よくきいた洋韓折衷の仕上がりに。これはこれで美味しい!油と調味料をほんの少し変えるだけで変身してしまう。料理って、やっぱり楽しいですね♪

今回は、塩バターキムチ鍋をご紹介。


★塩バターキムチ鍋の作り方


  1. にんにくは厚めにスライス、にらはざく切りに、豆腐はひと口大に切る。

  2. 土鍋にオリーブオイルをひき、温まったらバターを加えて溶かす。

  3. にんにくを加えて弱火でじっくり加熱する。

  4. 香りが十分にたったら、キムチを加えてしっかりと炒める。

  5. キムチから旨味が出たら、ベジブロス(無ければ水とコンソメ)、みりんを加えて煮立たせる。

  6. 味をみて、塩、コショー、マリーシャープス(またはタバスコ等)で味を決める。

  7. 豆腐を加えて熱くなるまで煮たら、豆もやし、にら、豚バラしゃぶしゃぶ用肉を加え、火が通るまで煮る。

  • バターは入れすぎるとくどくなるため、入れすぎには注意します。
  • 味付けはシンプルですが、バターのコクがいつのもキムチ鍋の雰囲気を一気に変えてくれます。
  • いつもは辛味足しに豆板醤を使いますが、今回は洋風にとマリーシャープスを加えてみました。すっきりとした辛みがとてもよく合います。
  • 〆はちゃんぽん麺や雑炊で。