コンソメいらず塩麹ポトフ・レンズ豆とツナのシーザー風サラダ

コンソメいらず塩麹ポトフ

初登場以来、メインの調味料として、下味として、色々なシーンで大活躍の塩麹。市販の米麹1袋分で仕込んだ塩麹も、あまり熟成するまもなくもうすぐ使い切ってしまいそう。急いで新しい塩麹を2袋分仕込んだのでひとまず安心。残った分も心置きなく使えます。

そこで、今回は塩麹がどれほどの旨味を持っているのか試してみよう!と、ポトフをコンソメ抜き、塩麹だけで味付けしてみることに。

結果はいつも作るコンソメ入りポトフを遥かに凌ぐ旨さ。相方に「これ、コンソメ入ってないんだよ?」と教えると、普段は料理に殆どリアクションを取らない相方もビックリしていました。恐るべし、塩麹。早く2期生できないかな~♪

今回は、コンソメいらず塩麹ポトフ、レンズ豆とツナのシーザー風サラダをご紹介。


★コンソメいらず塩麹ポトフの作り方


  1. じゃが芋は半分に切る。にんじんは乱切り、玉ねぎはくし型切り、大根は短冊切り、マッシュルームは厚めのスライスにする。

  2. にんにくは皮を剥いて潰す。

  3. 鍋にオリーブオイルをひき、潰したニンニクを入れて弱火に掛ける。

  4. 香りがたったら鶏手羽元を加えて表面を焼く。

  5. 野菜を加えて油を回すように混ぜ、ひたひたの水、塩麹、コショーを加えて蓋をして弱火で煮る。

  6. 野菜に火が通り、鶏肉が柔らかくなったら、味を見て微調整を行って出来上がり。

  • 味付けは塩麹とコショーのみ。だしが入っていないとは思えないほどの濃厚な旨味が味わえます。
  • ポトフはいつもは炒めずに作りますが、今回はコンソメを入れない分、コク出しにとオリーブオイルで炒めました。油が気になる方やさっぱりがお好みの方は炒めずに作ってください。
  • 野菜と塩麹の旨味を凝縮させるため、煮込む水は少なめに。蓋をすれば野菜から十分水気が出てきます。

レンズ豆とツナのシーザー風サラダ


★レンズ豆とツナのシーザー風サラダ


  1. 玉ねぎはみじん切りに、トマトはさいの目切りにする。

  2. ボールに水気を切ったレンズ豆、玉ねぎ、トマト、油を切ったツナ缶を入れ、塩、コショー、セージ、粉チーズ、レモン汁、オリーブオイル、マヨネーズ少々を加えてよく和える。

  • 切って和えるだけの簡単サラダ。レンズ豆は小さくて少々食べにくいのですが、豆独特のもっさり感が少ないのでサラサラと食べられます。
  • レンズ豆の食感と合わせるため、玉ねぎやトマトは小さめに切ります。
  • 今回は粉チーズをきかせたシーザーサラダ風の味付けにし、バゲットやワインに合うようにしました。