鯛とアスパラのごま味噌ゆかり和え・山椒風味の鶏ごぼう炒り卵

鯛とアスパラのごま味噌ゆかり和え

この日は美味しそうな鯛が安く売っており、思わず手に取ってしまいました。でも普通のお刺身の気分では無かったので、ちょっとだけひと手間加えることに。

結構大きい鯛から取られたと思われる柵だったので、身がしっかりしてそう。これならちょっと漬けにしてもきっと美味しいはずと、鯛と相性の良いごま漬けにしました。

いつもは練りごまを使いますが、今回はもう少しあっさり目に仕上げたかったので、すりごまを使うことに。一緒にゆかりやレモン汁も合わせ、コクがある中にもさっぱりさをプラス。このたれが意外にも鯛に良く合い、ばっちりお酒が進んでしまいました。

今回は、鯛とアスパラのごま味噌ゆかり和え、山椒風味の鶏ごぼう炒り卵をご紹介。


★鯛とアスパラのごま味噌ゆかり和えの作り方


  1. アスパラは根元の硬い部分の皮を剥き、斜め切りにしてさっと塩茹でする。

  2. 刺身用鯛は厚めに切る。

  3. ボールにすりごま、味噌、しょう油、ゆかり、レモン汁を入れて良く混ぜ、粗熱を取ったアスパラと鯛を加えてよく和え、冷蔵庫でしばらく寝かせる。

  • 今回はすりごまと味噌のコクに、ゆかりとレモン汁の爽やかさをプラス。一緒に和えたアスパラとの相性もバッチリです。
  • 小さい鯛より、身のしっかりとした魚体の大きい鯛の方が、味噌やごまに負けず美味しい漬けになります。
  • 和えてすぐ食べるより、しばらく置いてからのほうが美味しくなります。アスパラは茹ですぎると水っぽくなるので注意します。

山椒風味の鶏ごぼう炒り卵


★山椒風味の鶏ごぼう炒り卵の作り方


  1. 長ねぎ、ごぼうは粗みじんに切る。

  2. フライパンにごま油をひき、鶏ひき肉を炒める。

  3. 鶏ひき肉がほぐれたらごぼうを加えて炒める。

  4. しょう油、みりんを加えて味を絡めるようにして炒める。

  5. ボールに卵を溶きほぐし、砂糖、粉山椒を加えて混ぜる。

  6. ごぼうに火が通ったら長ねぎと5の卵を加え、混ぜながら好みの具合になるまで火を通す。

  • 今回は甘辛の鶏ごぼうに、山椒の香りの甘い卵を組み合わせました。あまり砂糖が強すぎるとくどくなるので、普通の玉子焼きより甘さは控えめにします。
  • 鶏ひき肉とごぼうの大きさを合わせると、食べた時の一体感が増して美味しくなります。