鯛の酒蒸しとろとろ餡・きのこのスパイシー炒め・里芋と牛の煮物

鯛の酒蒸しとろとろ餡

この日は鯛の切り身が安く売っていたので、シンプルかつ美味しく食べちゃおう!ということで、シンプルなおつまみとともにいただきました。

今回ご紹介するのは、鯛の酒蒸しとろとろ餡、きのこのスパイシー炒め、里芋と牛肉の煮物をご紹介。


★鯛の酒蒸しとろとろ餡の作り方


  1. しょうがを擦りおろしておく。

  2. 鍋に少量のお湯を沸かし、かつお節を入れてかつおだしを取り、漉しておく。

  3. 鯛の切り身に軽く塩を振る。

  4. フライパンに鯛の切り身を並べ、日本酒を身の1/3位浸かる程度に注ぐ。

  5. アルミホイルでしっかり蓋をし、強火に掛ける。

  6. 蒸気が上がったら中火にし、2分ほど蒸して火を通す。

  7. 鯛を皿に移し、フライパンにかつおだし、みりん、塩、薄口しょう油、とろろ昆布を入れて温める。

  8. おろししょうがを加え、水溶き片栗粉でトロミを付けたら、7の鯛の上から掛ける。

  • 強火~中火で一気に蒸すことにより、臭みを取り、ふっくらと仕上げることができます。
  • 餡にとろろ昆布を加えることにより、深い旨味が生まれます。
  • いつもの煮付けに飽きたらお試しあれ。さっぱりとした白身の旨味をとろろの餡がまとめてくれます。

きのこのスパイシー炒め


★きのこのスパイシー炒めの作り方


  1. えのきは3cm程度の長さに、シメジは石突を取り、小房に分ける。

  2. 長ネギは斜め切りにする。ニンニクはみじん切りにする。

  3. フライパンにバター、オリーブオイルをひき、ニンニクを炒めて香りを出す。

  4. ニンニクの香りが立ったら、カレー粉少々を加えてさらに炒める。

  5. カレー粉の香りが立ったら、シメジを加えて八分程度火が通るまで炒める。

  6. えのき、ネギを加えて更に炒め、しお、コショー、しょう油少々、バジルを加えて味を調える。

  • きのこは火を通し過ぎないように注意。シャキッと感を残します。
  • バターやカレー粉、バジルを加えることで、淡白なきのこにアクセントを付けます。
  • カレー粉は控えめに。あまり多いと飽きやすくなってしまいます。

里芋と牛の煮物


★里芋と牛肉の煮物の作り方


  1. 玉ねぎはくし型切りにする。

  2. 里芋は皮を剥き、塩で揉み洗いする。

  3. 鍋にお湯を沸かし、かつお節を加えてかつおだしを取る。

  4. 漉したかつおだしに、みりん、砂糖少々を加え、里芋、玉ねぎを入れて煮る。

  5. 柔らかくなってきたらしょう油を加え、更に煮る。

  6. 里芋にしっかり火が通ったら牛肉を加え、牛に火が通ったら火を止めて冷ます。

  7. 食べる直前に温めなおす。

  • 里芋を煮るときは、最初は塩分を加えないのがポイント。ダシの味が入りやすくなります。
  • 牛肉を入れたら火をすぐに止めます。あまり煮過ぎると硬くなってしまいます。
  • 時間があるときは一旦冷まし、食べる前に温めます。この冷ます過程でしっかり味が浸み込みます。