観光スポット | 旅は未知連れ酔わな酒

観光スポット

旅の宿

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 2日目 ①~

1年ぶりに迎える、石垣での朝。窓から差し込む眩さに起こされ外を眺めれば、すでに今日の青さを約束するかのような清々しい空。青い空、青い海、タンクと岸壁。まだ静かな朝の築港を見るこの瞬間が、意外と僕は好き。 1年ぶりとなる八重山の海と...
旅の宿

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 3日目 ①~

石垣島で迎える静かな朝。今日はちょっとばかり早起き。まだ6時前の港湾には人の気配も船の往来もなく、ひっそりとした空気に包まれています。 急いで身支度を整え、朝食の時間が始まるとともに会場へ。サクッと揚げられたグルクンの唐揚げや、シ...
旅行記

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 3日目 ②~

静かな集落を抜け、自転車すら通らない島の周回道路をのんびり歩きコンドイビーチへ。 竹富島へ来る度にに訪れる、この美しい浜。でも僕は、今年のこの色彩を一生忘れることはないだろう。1年ぶりとなる再会の瞬間、直感的にそう思わせるほどの鮮烈さ...
スポンサーリンク
旅行記

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 3日目 ③~

青い空に白い雲、刻一刻と色彩うつろう碧い海。楽園というものを具現化したかのようなコンドイビーチの美しさに時が経つのも忘れ、気づけば3時間近くのんびり過ごしていました。 しっかりと肌に宿る南国の熱。これ以上陽射しを浴びると後々大変な...
旅の宿

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 4日目 ①~

窓から差し込む眩い朝日に起こされ迎える朝。外を眺めれば爽快な青さに満ちた夏空と、その色を映して輝く青い海。すでに今日の鮮烈さが約束されたかのような空模様に、自ずと気持ちが昂ります。 寝起きの視界に飛び込む青さに心身共に目覚め、お腹...
旅行記

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。1・2日目 ①~

歳を重ねるごとに増す、四季折々への憧憬。それなのに、反比例するかのように失われつつある日本の季節。すでに春と秋は滲んでしまい、暑さ寒さも強烈か微妙かの二択しかない。 そんなとき、僕は無性に旅に出たくなる。暑い夏には陽射しを楽しみ、寒い...
旅行記

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。1・2日目 ②~

初めて訪れる、冬の弘前。例年に比べ雪が圧倒的に少ないとはいうものの、慣れ親しんだ季節とはまた違った心地よい冷たさに、心はあっという間に冬色に。 そういえば、このルートで弘前城へと向かうのは初めてかもしれない。西堀を春陽橋で渡り、北...
旅グルメ

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。1・2日目 ③~

これまで何度も訪れた弘前。例年に比べ格段に雪は少ないとはいえ、初めて味わう街の顔に心はすっかり冬色に。これまで味わった、初夏、夏、冬。あと残すのは、春と秋だな。再びこの地を踏むときを夢見て、愛する街にしばしの別れを告げます。 半年...
旅の宿

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。6日目 ①~

山の湯宿で迎える、この旅最後の朝。窓から漏れる弱い光に起こされ外を見れば、青白さに包まれる凛とした冬の空気が寝ぼけ眼を覚まさせてくれるよう。 まだみんな、眠りの時間。寝静まった館内を抜け出し、千人風呂で朝湯を味わうひととき。人影もまば...
旅行記

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。6日目 ②~

海峡の女王に往時の冬景色を重ね少しの感傷に浸りつつ、次なる目的地へと向かうことに。駅前でもひときわ目を引く独特な建物、『ねぶたの家ワ・ラッセ』へと入ります。 この施設はその名の通り、青森の誇る光の祭典であるねぶたの展示館。入口には...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました