観光スポット | 旅は未知連れ酔わな酒

観光スポット

旅行記

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。1・2日目 ①~

歳を重ねるごとに増す、四季折々への憧憬。それなのに、反比例するかのように失われつつある日本の季節。すでに春と秋は滲んでしまい、暑さ寒さも強烈か微妙かの二択しかない。 そんなとき、僕は無性に旅に出たくなる。暑い夏には陽射しを楽しみ、寒い...
旅行記

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。1・2日目 ②~

初めて訪れる、冬の弘前。例年に比べ雪が圧倒的に少ないとはいうものの、慣れ親しんだ季節とはまた違った心地よい冷たさに、心はあっという間に冬色に。 そういえば、このルートで弘前城へと向かうのは初めてかもしれない。西堀を春陽橋で渡り、北...
旅グルメ

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。1・2日目 ③~

これまで何度も訪れた弘前。例年に比べ格段に雪は少ないとはいえ、初めて味わう街の顔に心はすっかり冬色に。これまで味わった、初夏、夏、冬。あと残すのは、春と秋だな。再びこの地を踏むときを夢見て、愛する街にしばしの別れを告げます。 半年...
スポンサーリンク
旅の宿

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。6日目 ①~

山の湯宿で迎える、この旅最後の朝。窓から漏れる弱い光に起こされ外を見れば、青白さに包まれる凛とした冬の空気が寝ぼけ眼を覚まさせてくれるよう。 まだみんな、眠りの時間。寝静まった館内を抜け出し、千人風呂で朝湯を味わうひととき。人影もまば...
旅行記

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。6日目 ②~

海峡の女王に往時の冬景色を重ね少しの感傷に浸りつつ、次なる目的地へと向かうことに。駅前でもひときわ目を引く独特な建物、『ねぶたの家ワ・ラッセ』へと入ります。 この施設はその名の通り、青森の誇る光の祭典であるねぶたの展示館。入口には...
旅グルメ

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。6日目 ③~

夏の火祭りにこころ灼かれ、気づけばあっという間にもうお昼どき。青森到着時には煮干しラーメンを食べたので、今日はもうひとつの大好物であるあのラーメンを食べると決めていました。今回は『味の札幌浅利』へとお邪魔します。 冷たい瓶ビールを...
旅行記

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。6日目 ④~

青森市森林博物館で豊かな森の歴史に触れ、今度は海の恵みについて学んでみることに。森林博物館から歩くこと15分程、海沿いに位置する『あおもり北のまほろば歴史館』へと向かいます。 この歴史館には船に関する展示のほか、青森での暮らしにつ...
旅行記

錦零れる秋いわて ~いで湯ともみじに染められて 1・2日目 ①~

10月中旬、夜の渋谷。再開発著しいこの街で、どことなく取り残され感の漂う井の頭線側。そのホームの上に建つマークシティーの中に、隠されるようにひっそりと設けられたバスターミナル。知らなければ辿り着けない、秘密の玄関口。僕はここから、秋の懐へと...
旅グルメ

錦零れる秋いわて ~いで湯ともみじに染められて 1・2日目 ②~

岩手公園で朝日と秋色に満たされ、再び盛岡の街をのんびりぷらぷら。それにしても今日は本当にいい天気。抜けるような秋晴れと岩手銀行赤レンガ館の色彩の対比に、見ているだけで吸い込まれそう。 通勤通学で賑わうバスセンター跡や夜の気配を残す...
旅の宿

錦零れる秋いわて ~いで湯ともみじに染められて 6日目 ①~

秘湯で迎える静かな朝。あいにく今日は、雨予報。窓から外を見てみれば、すでにその気配が漂うかのよう。雨の降る前のしっとりとした空気に包まれた露天へと向かい、この旅最後の朝風呂を噛みしめます。 ぬるめの疝気の湯で心静かな湯浴みを楽しみ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました