旅の宿 | 旅は未知連れ酔わな酒

旅の宿

旅の宿

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 1日目 ②~

上空にて鮮烈な青の歓迎を受け、その熱も冷めやらぬまま夢見心地で飛行機は着陸。逸る気持ちに急かされ空港の外へと出てみれば、全身を包む南国の熱気と、眼を灼く強烈な光線。そうだよ、これだよ!理屈抜きに、いま自分が石垣に無事着いたと直感で認識します...
旅の宿

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 1日目 ③~

のんびり街ぶらで1年ぶりの石垣の空気を噛みしめ、一旦ホテルへと戻ることに。それにしても、梅雨明け直後の八重山は暑い。一番最初に訪れたときのような澄んだ暑さを、今年は感じられそう。汗だくをシャワーでリセットし、今宵の酒へと備えます。 ...
旅の宿

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 2日目 ①~

1年ぶりに迎える、石垣での朝。窓から差し込む眩さに起こされ外を眺めれば、すでに今日の青さを約束するかのような清々しい空。青い空、青い海、タンクと岸壁。まだ静かな朝の築港を見るこの瞬間が、意外と僕は好き。 1年ぶりとなる八重山の海と...
スポンサーリンク
旅の宿

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 3日目 ①~

石垣島で迎える静かな朝。今日はちょっとばかり早起き。まだ6時前の港湾には人の気配も船の往来もなく、ひっそりとした空気に包まれています。 急いで身支度を整え、朝食の時間が始まるとともに会場へ。サクッと揚げられたグルクンの唐揚げや、シ...
旅の宿

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 4日目 ①~

窓から差し込む眩い朝日に起こされ迎える朝。外を眺めれば爽快な青さに満ちた夏空と、その色を映して輝く青い海。すでに今日の鮮烈さが約束されたかのような空模様に、自ずと気持ちが昂ります。 寝起きの視界に飛び込む青さに心身共に目覚め、お腹...
旅の宿

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 5日目 ①~

外の眩しさの気配に目覚める、石垣島の朝。カーテンを開ければ爽快な青さが部屋へと溢れ、今日の鮮烈さがすでに約束されたかのよう。今回は、本当に天気に恵まれてるなぁ。 起き抜けに青さを浴びるという贅沢を今朝も味わい、頭もすっきり目覚めた...
旅の宿

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 6日目 ①~

石垣島で迎える5度目の朝。カーテンを開け外を見てみれば、青空をうっすら染める淡い雲。風に流れゆく儚い白さをぼんやり眺め、ゆとりある朝という旅先ならではの贅沢を愉しみます。 今日は終日石垣島で過ごす予定。船の時間を気にすることもない...
旅の宿

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 6日目 ②~

真栄里ビーチからホテルへと戻り、涼しい部屋で小休止。ちょっとばかり昼寝をし日焼け疲れを癒したところで、夕飯を食べに街へと出ることに。今夜はお肉の気分だったので、この旅2回目となる『焼肉バカ一代』へとお邪魔します。 まずは前回メニュ...
旅の宿

みんさー色の夏 ~暮らすようにやいま旅 7日目 ①~

窓の外の眩さの気配で目覚める、爽やかな朝。カーテンを開けて眺めれば、青さを湛える空と海。本日目指すは、日本最南端の有人島。今日の晴天への期待にそわそわしつつ、船に間に合うようにと急いで身支度を整えます。 準備万端整ったところで、朝...
旅の宿

冬を求めて津軽路へ ~ランプのゆらぎ、千の夢。1・2日目 ④~

弘前から黒石へ。半年前のねぷた旅で辿ったこのルートも、初めて訪れた冬では表情が違って見える。また来よう。雪に埋もれた白銀の世界、桜咲き誇る艶やかな春。錦に染まる秋も見てみたい。そんな妄想を抱きつつ、こみせ通りに位置する中町バス停から『弘南バ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました