深川めし風高野豆腐の卵とじ・大根葉とベーコンのペペロン炒め

深川めし風高野豆腐の卵とじ

とにかく貝が大好きな僕。カキやほたて、つぶに赤貝などなど、美味しい貝を挙げたらきりがありません。そんな中でも一番登場回数が多いのがあさり。お値段も手頃で身近な食材なので、いろいろとアレンジして使いたいものです。

今回は、たっぷりねぎと一緒に味噌仕立てにし、高野豆腐にだしを浸み込ませて卵とじにしてみました。イメージとしては、深川飯の高野豆腐版。一口噛むとあさりのだしがブワッと浸み出す、幸せ一杯の一品に仕上がりました。

今回は、深川飯風高野豆腐の卵とじ、大根葉とベーコンのぺペロン炒めをご紹介。


★深川飯風高野豆腐の卵とじの作り方


  1. あさりはしっかり砂出ししておく。

  2. 長ねぎは適当な長さの短冊切りにする。高野豆腐はさっと水にくぐらせ、適当な大きさのさいの目切りにする。

  3. 鍋に少量のお湯を沸かして日本酒を加え、あさりを入れて蓋をして加熱する。

  4. 口の開いたあさりから取り出し、殻から身を外しておく。

  5. 残っただし汁にみりん、薄口しょう油少々を加え、高野豆腐を入れて弱火でじっくり煮含める。

  6. 高野豆腐にしっかりだしが入ったら長ねぎ、むいたあさりを加える。

  7. 仕上げに味噌を溶かし、さっと煮立ったところで溶き卵を流し入れ、好みの具合になるまで火を通す。

  • あさりのだしを活かすため、調味料は適量に抑えます。味噌の量はあさりの持つ塩分を考慮して加減します。
  • あさりを蒸すお湯の量は高野豆腐が吸いきれる程度の量にします。少ないとパサパサに、多いとあさりのだしが薄まってしまいます。
  • しっかり煮えたねぎがお好みの場合は、早めの段階で加えます。あさりは身が硬くなるのを防ぐため、仕上げの段階で合わせます。
  • 味噌を加えたら加熱しすぎないようにし、味噌の風味を残します。
  • あさりから出ただしを高野豆腐がしっかり吸い、あさりの旨味を残すことなく楽しめます。高野豆腐のほかにお麩でも美味しくできそう。また、このまま熱々のご飯にドン!と載せてどんぶりにしてもいいかもしれません。

大根葉とベーコンのペペロン炒め


★大根葉とベーコンのぺペロン炒めの作り方


  1. ベーコンは短冊切りにする。大根葉は適当な長さに、ニンニクは厚めのスライスにする。

  2. フライパンまたは中華鍋にオリーブオイルをひき、ニンニクを弱火で炒める。

  3. 香りがたったらベーコンを加え、油が出てくる程度まで炒める。

  4. 鷹の爪をちぎり入れ、大根葉を加えて中火で炒める。

  5. 大根葉に火が通ったら、塩、コショーで味を調える。

  • ニンニクやベーコン、鷹の爪は焦げやすいので、大根葉を入れるまでは弱火でじっくり炒めます。
  • 大根葉は火が通りにくいので、中火で割りとじっくり目に炒めます。この際他の具材は焦げやすいので、大根葉が鍋底のほうに来るよう、よく混ぜながら炒めます。
  • 大根葉の独特の風味がシンプルな味付けにぴったり。コショーを効かせるといいアクセントになります。