花椒香る牛バラ煮込み・桜えびのにら玉風・新玉みそツナ奴

花椒香る牛バラ煮込み

この日は、美味しそうな和牛のバラブロック肉が半額になっているのを発見!魚系が食べたかったのですが、このお得なチャンスを逃すまいとすぐさま購入。

お馴染みのスーパーではなぜか牛のバラブロックはほとんど売らないので調理するのは初めてのこと。

どうやって食べようかと考えた結果、うちのおじちゃんの店で出していた牛バラ煮込み掛けご飯を思い出し、中華風で煮込むことに。豚バラとは全く違うとろっとろの美味しさに、思わずほっぺたが落ちてしまうかと思いました。

今回は、花椒香る牛バラ煮込み、桜えびのにら玉風、新玉みそツナ奴をご紹介。


★花椒香る牛バラ煮込みの作り方


  1. 牛バラブロック肉は1~2㎝程度の厚さに切る。

  2. にんにくは皮を剥いて包丁で軽く潰す。中国山椒も潰す。

  3. 鍋にお湯を沸かし、中華スープの素、中国山椒、にんにく、砂糖を入れ、牛バラ肉を加えて蓋をし、弱火で煮る。途中あくや油を適宜取る。

  4. 15分程煮たらしょう油、オイスターソースを加え、蓋をして1~2時間ほどじっくり煮込む。

  5. 牛がしっかり柔らかくなったら春雨を加える。

  6. 春雨が煮えたら水溶き片栗粉を加えてとろみを付け、ごま油少々を加えて風味付けする。

  • 牛と相性の良いオイスターソース風味の煮込みにしました。牛の甘い脂の旨味とプルンプルンの食感がたまりません。
  • 煮込む際にあればねぎの青い部分を加えるといいかもしれません。
  • 今回は中国山椒の香りとピリリとした刺激をプラス。加える量はお好みで。

桜えびのにら玉風


★桜えびのにら玉風の作り方


  1. にらは適当な長さに切る。新玉ねぎは薄くスライスする。

  2. ボールに卵を溶きほぐし、塩、コショーで軽く味付けし、釜揚げ桜えびを加える。

  3. 中華鍋またはフライパンに多めのごま油をひき、強火で温める。

  4. 十分温まったら卵を加えてさっと混ぜ、半熟になったら一旦取り出す。

  5. 鍋に卵が付いている場合は拭き取り、ごま油を少々足す。

  6. 再び鍋を強火に掛け、にら、新玉ねぎを一気に炒める。

  7. しょう油、コショーで味を調え、卵を戻して炒め合わせる。

  • 桜えびの香ばしさと新玉ねぎの甘さが玉子炒めにピッタリです。
  • にらと炒め上がりを合わせるため、新玉ねぎは薄めにスライスします。
  • 釜揚げ桜えびが無い場合は乾燥のものでもOK。

新玉みそツナ奴


★新玉みそツナ奴の作り方


  1. 新玉ねぎは粗みじんに切る。

  2. ボールに油を切ったツナ缶、新玉ねぎ、味噌、しょう油少々、ごま油、マヨネーズ少々、七味を加えて混ぜる。

  3. 水気を切った豆腐に載せて出来上がり。

  • 今の時期ならではの美味しい新玉ねぎ。シャキッとした食感と甘さをツナと合わせて冷奴にしました。
  • ツナ缶自体に油っ気があるので、ごま油、マヨネーズは風味付け程度の少量でOK。入れすぎると油っぽくなります。
  • 今回は七味を多めに加えてピリリとさせました。七味の代わりに豆板醤でもいいかもしれません。