まぐろの山かけ風サラダ・焼きなすとささみのバンバンジー風

まぐろの山かけ風サラダ

梅雨も明け、早速夏本番な天気が続いています。こうも暑いと、どうしても体は冷たいものを欲してしまいます。そこで、冷たくさっぱり食べられつつも栄養豊富なメニューを考えてみました。

とろろ芋の粘り成分はスタミナの素とも言いますし、キンキンに冷やしてつるんと食べれば、食欲があまり無いときでも意外と食べられてしまいます。もちろん、お酒のおつまみにもピッタリ♪

今回は、まぐろの山かけ風サラダ、焼きなすとささみの爽やかバンバンジー風をご紹介。


★まぐろの山かけ風サラダの作り方


  1. マグロはぶつ切りにする。

  2. 空芯菜、三つ葉、かいわれ等のお好みの野菜は適当な長さに切り、必要に応じてさっと茹でる。

  3. 山芋をすりおろし、ポン酢、わさび、ごま油を加えてよく混ぜる。

  4. ボールにぶつ切りのマグロを入れ、しょう油少々、わさびを加えてよく混ぜ、下味を付ける。

  5. 皿に2の野菜、マグロを盛り付け、たっぷりの海苔、かつお節を掛ける。

  6. 食べる際に3のとろろドレッシングを掛けて頂く。

  • 暑いときでもつるっと食べられるとろろ。今回はそんなとろろをドレッシング代わりにしてみました。ポン酢の程よい酸味やわさびの爽やかな辛さが食欲をそそります。
  • 今回はマグロの山かけ風に仕上げたので、マグロはぶつ切りにしました。そのままだと中々味が付かないので、わさびしょう油で軽く下味を付けました。このひと手間でマグロの旨味が濃くなるほか、野菜ととろろとのなじみもグッと良くなります。

焼きなすとささみの爽やかバンバンジー風


★焼きなすとささみの爽やかバンバンジー風の作り方


  1. 長ねぎは粗みじんに切る。

  2. なすを魚焼きグリルに入れ、皮が軽く焦げるまで全体を焼き、熱いうちに皮を剥いて一口大に割く。

  3. ささみは塩茹でし、適当な大きさに割く。

  4. なすとささみは粗熱が取れたら冷蔵庫でしっかり冷やしておく。

  5. ボールにネギ、練りごま、りんご酢、しょう油、砂糖、ごま油少々、唐辛子調味料(タバスコ等)を加えてよく混ぜる。

  6. 冷やしたなすとささみを皿に盛り、5のごまダレを掛ける。

  • これからの季節に美味しい焼きなす。グリルで焦げるまで焼けば皮も簡単に剥けるようになり、何とも言えない香ばしさが出ます。
  • 今回はごまダレがさっぱりするようにひと工夫。りんご酢を使うことでより爽やかな酸味になります。また辛味も豆板醤ではなくタバスコ等の液体唐辛子調味料を使えば、重たさの無いすっきりとした辛さになります。

  • なすの風味を生かすため、練りごまの分量は控えめにし、サラッとしたごまダレに仕上げました。