賀茂なすと豆腐の梅しょうが焼き・カレーこんにゃく・ポテトとツナソーセージのマヨソース炒め

賀茂なすと豆腐の梅しょうが焼き

梅雨も明け、いよいよ夏!暑いなら暑いなりに楽しんでやりたい季節です。そしてこの時期になると美味しくなるのが夏野菜。そこで、今回は賀茂なすを使って簡単で美味しいおつまみを作ることに。身がしっかりと詰まった賀茂なす、美味しいですね♪

今回は、賀茂なすと豆腐の梅しょうが焼き、カレーこんにゃく、ポテトとツナソーセージのマヨソース炒めをご紹介。


★賀茂なすと豆腐の梅しょうが焼きの作り方


  1. 絹豆腐は水切りし、適当な厚さに切る。

  2. 賀茂なすは適当な厚さの半月切りにし、水に晒してあくを抜く。

  3. 梅干しは種を取り包丁で叩く。

  4. ボールに梅、おろししょうが、しょう油、みりんを入れてよく混ぜる。

  5. フライパンに多めの米油(サラダ油)をひき、賀茂なすを並べて中火で両面を火が通るまで焼く。

  6. 一旦賀茂なすを取り出し、足りないようならば米油(サラダ油)を足し、豆腐を並べて両面に軽く焼き色が付くまで焼く。

  7. 豆腐に焼き色が付いたら賀茂なすを戻し、4の合わせ調味料を加えて全体を混ぜる。

  • 暑い夏に梅としょうがの爽やかさがピッタリ。油で焼いた賀茂なすの、じゅわっと、とろっとした美味しさを楽しめます。
  • 今回は、全体の馴染が良くなるよう敢えて豆腐を軽く崩しました。崩したくない場合は、最後になすを合わせてたれを掛けた後、混ぜずに盛り付けます。

カレーこんにゃく


★カレーこんにゃくの作り方


  1. こんにゃくは両面に斜めに隠し包丁を入れ、5mm程度の厚さに切る。

  2. 切断面を上にして並べ、両面に斜めに隠し包丁を入れる。

  3. 切ったこんにゃくを塩揉みして洗い、塩茹でする。

  4. 玉ねぎは適当な厚さにスライスする。

  5. 鍋にごま油をひき、こんにゃく、玉ねぎを炒める。

  6. こんにゃくに弾力が出たら、かつおこんぶだし、みりんを加えて煮る。

  7. しばらく煮たらしょう油を加え、味が染みるまで煮る。

  8. 仕上げにカレー粉、七味を加え、水溶き片栗粉でとろみを付ける。

  • 群馬のこんにゃくパークに行った時に食べた、カレーこんにゃく。意外に相性が良かったので、自分風にアレンジしてみました。こんにゃく、旨いなぁ♪
  • 今回は、カレーうどん風の和だしベースの味付けにしてみました。この他にもカレールーを使ったり、中華風にしてみたりと、色々試してみたい簡単メニューです。

ポテトとツナソーセージのマヨソース炒め


★ポテトとツナソーセージのマヨソース炒めの作り方


  1. じゃがいもは皮を剥いて適当な厚さのいちょう切りにする。

  2. ソーセージは輪切りにする。

  3. フライパンにオリーブオイルをひき、じゃがいもを炒める。

  4. じゃがいもが半透明になったらソーセージを加え、更に炒める。

  5. 具材に火が通ったら、油を切ったツナ缶、ウスターソース、コショーを加えて炒める。

  6. 全体に味が絡んだら、マヨネーズを加えて混ぜる。

  • 何故か無性にジャンキーな味付けのものが食べたくなり、適当に作ったおつまみ。ウスターソースとマヨネーズの相性がピッタリなので、味は間違いありません。