サッポロ一番塩トマト鍋

サッポロ一番塩トマト鍋

この日は、いつも行くスーパーが年に数度あるかないかの店休日。頼りにしているお店なので、お休みの日は何をどう食べようか困ってしまいます。

仕方なく、たまに使うもうひとつのスーパーへ。品揃えもそれほど悪い訳ではありませんが、やっぱりいつものスーパーのようにすらすらとメニューが浮かんでこないのです。

そこで、困った時の鍋頼み。お鍋なら大抵のものはどこのスーパーでも揃うので、本当に助かります。お肉もお魚も目ぼしいものが無かったので、とりあえず最近好きなサッポロ一番鍋に。塩味をベースにどうしようかと考えましたが、ふと最近トマト鍋を食べていないことに気付き、トマト味にしました。

サッポロ一番塩ラーメンのアレンジでもよく登場するトマト。それだけあり、相性は申し分なくバッチリ。味付けも添付のスープと調整用の塩だけで、とても美味しいトマト鍋になりました。これまでサッポロ一番で作ったアレンジ鍋の中で、一番サッポロ一番らしい。やっぱり、この味くせになります!

今回は、サッポロ一番塩トマト鍋をご紹介。


★サッポロ一番塩トマト鍋の作り方


  1. 鶏もも肉はひと口大に、キャベツはざく切り、にんじんは半月切り、油揚げは角切り、にんにくはスライスする。

  2. 土鍋に多めのオリーブオイル、にんにくを入れて弱火に掛ける。

  3. 香りがたったら鶏も肉を加えて中火にし、表面に軽く焼き色が付くまで焼く。

  4. ちぎった鷹の爪、キャベツ、にんじんを加え、全体に油を回すように炒める。

  5. 油揚げ、水、トマト缶、サッポロ一番塩ラーメンの添付のスープ、切り胡麻を入れる。

  6. 煮立ったら強めの弱火に落とし、具材が煮えるまで煮込む。

  7. 具材が煮えたら味を見て、塩、コショーで味を調える。

  8. 好みで粉チーズやマリーシャープス(タバスコ等)を掛けて食べる。

  9. 〆は残った麺を入れて。

  • 今回はサッポロ一番塩ラーメンを、トマト缶、にんにく、オリーブオイルでお鍋にアレンジ。味付けはシンプルにスープと塩だけなので、これまでで一番サッポロ一番の雰囲気を感じるお鍋になりました。
  • 今回は具材をシンプルにしましたが、玉ねぎやにら、しめじ、ウィンナー等お好みの具材で。
  • 今回はオリーブオイルを使いましたが、ごま油に替えるとまた違った印象になりそうです。