聖護院大根と葉玉ねぎの味噌煮込みうどん

聖護院大根と葉玉ねぎの味噌煮込みうどん

ここ数日、大雪や寒波に見舞われている東京。先日うちも初めて、水道管を凍らせてしまうという大失態を犯してしまいました。

寒いと水道管が凍る。そんなことは重々承知ですが、生まれてこの方周囲でそんな経験を見たり聞いたりしたことがなかったので、まさか東京でと油断していました。所謂うちに限って、というやつです。今後気を付けなければいけません。

そんな寒い日が続いているので、この日は熱々の味噌煮込みうどんを食べて体の中から温まることに。そのつもりで会社帰りにスーパーへ立ち寄ると、案の定大根が高い高い。

どうしよう、メニュー変更かぁ。そう思いふと見てみると、立派な聖護院大根が普通の大根と同じ値段で売っているのを発見。味も食感もボリュームも言うこと無しの聖護院大根。それならばと迷わずカゴへと入れました。

一緒に合わせたのは、遠い春を待ち遠しくさせる葉玉ねぎ。とろとろになった大根と葉玉ねぎが赤味噌のコクをまとい、野菜たっぷり食べごたえ十分の美味しい煮込みうどんになりました。

ということで今回は、聖護院大根と葉玉ねぎの味噌煮込みうどんをご紹介。

★聖護院大根と葉玉ねぎの味噌煮込みうどんの作り方


  1. 聖護院大根は大ぶりのいちょう切り、葉玉ねぎはざく切り、にんじんは厚めの半月切り、油揚げは短冊切り、牛バラ肉はひと口大に切る。

  2. 鍋にかつおだし、酒、みりん、野菜、油揚げを入れて蓋をし、中火にかける。

  3. 沸騰したら牛肉を加えて強めの弱火に落とし、野菜が柔らかくなるまで煮る。

  4. 赤味噌、白味噌を溶き入れ、しょう油少々を加えて味を調える。

  5. 太めの茹でうどんを加え、味が馴染むまで煮込む。

  • 聖護院大根は火が通りやすいので、大きめに切ったほうが煮崩れず食べごたえある仕上がりになります。
  • 今回は葉玉ねぎをとろとろにしたかったので最初に加えましたが、食感を残したい場合はうどんと同じタイミングで加えてください。
    お好みでしいたけを加えても。
  • 残った汁や具材にトマト缶やカレー粉、小麦粉を加えてしばらく煮れば、コクのある美味しいカレーに変身します。リメイクするつもりでたっぷり作るのもおすすめです。