2019年ブログ納め 干支、一回り。

タイトル115系車窓

このブログを始めたのは2007年、亥年。今年の11月をもって丸12年経ちました。当時僕は26歳、駅の主任さんになった直後。自分的にはあれから色々ありましたが、こうして今年も最後の更新をできることを嬉しく思います。

3年目を迎えても、未だどことなく違和感のあるサラリーマン生活。ですが、ありがたいことに休みを取りやすい環境のため、旅へ出る頻度は以前の職場に比べて格段に増えました。

今思えば、以前は煮詰まったときに逃げるように旅していたのかもしれない。このブログでもよく使う言葉ですが、僕は本当に「東京脱出」を心から欲していました。今でも同じく使いますが、その重みは全く違う。これまで旅を繰り返してきたことにより、無理に脱出しなくても旅が自分を導いてくれるということを信じられるようになりました。

12年前、このブログを始めたときには想像もしていなかった今の生活。でも不思議と、今年がこれまでで一番心穏やかに年末を迎えている気がする。職場の異動という半ば強引なきっかけではありますが、僕自身が知らぬ間に築いてきたしがらみを断捨離できたのかもしれない。

好きな道具に囲まれて料理ができ、行きたいタイミングで行きたい場所へと旅立てる。この生活がいつまでも続くとは思いませんが、今は素直に楽しみたい。将来への不安が無いわけではありませんが、無いものをねだるより今あるものを大事にしたい。以前の僕からは考えられない心境の変化は、着実に自分を元気にさせてくれました。

最後になりましたが、今年も遊びに来ていただきまして、本当にありがとうございました。相変わらずののんびりペースですが、干支をもう一回り、二回りと重ねてゆけるようコツコツ続けていきますので、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、これから数の子となますでも仕込むかな!皆さんもどうぞ良い年をお迎えください!