晩秋しみじみ信濃路へ ~紅葉と翡翠に染まる旅 4日目 ③~ | 旅は未知連れ酔わな酒

晩秋しみじみ信濃路へ ~紅葉と翡翠に染まる旅 4日目 ③~

11月中旬小布施駅ホームから一望する北信五岳 旅行記

列車が来るまで、ひとり佇む静かなホーム。穏やかな秋空のもと広がるりんご畑と、その先に横たわる北信五岳。長閑。本当に長閑。小布施駅のプラットホームを、秋の柔らかさが包みます。

11月中旬小布施駅ホームで並ぶ特急2000系と普通3500系
小さなホームでぼんやり郷愁に浸っていると、長野行きの普通電車が到着。保存され静かに佇む古のエースと、現役を続ける日比谷線生まれの古参。この並びを見られるのも、残すところあと僅か。

長野電鉄3500系旧日比谷線営団独特の小さなドアの窓
一歩車内へと踏み入れると、猛烈に襲い来る懐かしさ。僕にとって初めて日比谷線は、この車両だった。そして故郷三鷹を走る東西線も、同じような内装だった。こげ茶のシート、そして独特の営団臭さを感じさせる小さなドアの窓。この二つだけでも、記憶が一気に甦る。

長野電鉄3500系旧日比谷線ファンデリアに残るSマーク
強烈な原体験に思わず天を仰げば、ファンデリアに残る輝かしいSマーク。僕にとって、東京の地下鉄はやっぱりS。一般的には営団地下鉄の呼び名で通っていましたが、随所に書かれた帝都高速度交通営団の文字に、幼い僕は釘付けにならずにはいられなかった。

11月中旬の須坂駅
小布施からたったの2駅、7分間の昭和の旅を終えて須坂駅に到着。ここに降りるのは、今回が初めて。この旅最後の信州の秋色を探すべく、まだ見ぬ街へと繰り出します。

11月中旬の須坂蔵の町並みを彩る紅葉
駅で観光地図を手に入れ歩きだします。まず向かったのは、蔵の町並み。江戸時代には城下町、そして近代以降は生糸産業で栄えたという須坂には、今なおたくさんの蔵が残されているのだそう。

11月中旬の須坂旧まゆ蔵の蔵のまち観光交流センター
そんな蔵の町並みの入口で、まず目を引くのがこの立派な蔵。明治時代に建てられたという3階建ての蔵は、かつてまゆの貯蔵に使われていたもの。今は観光交流センターとして訪れる人々を迎えています。

11月中旬の須坂秋日に輝く蔵の町並み
秋の西日が射す渋い街路。両側には蔵をはじめとする歴史を感じさせる建物が並び、往時の賑わいを色濃く匂わせるよう。

11月中旬の須坂蔵の町並みに残るぼたもち石
通り沿いに続く立派な土塀に目をやれば、足元を固める重厚な石積み。これはぼたもち石といい、丸い石を隙間なく積むためには高度な技術が必要だったそう。今ではこの技術を受け継ぐ石工さんもいないようで、繁栄を物語る貴重な生き証人となっています。

11月中旬の須坂蔵の町並みに並ぶ立派な菊
志賀高原にはすでに冬の気配が忍び寄っていましたが、里はまだ秋真っただ中。通りの両側には艶やかな菊が並べられ、渋い色味の町並みに彩りを与えるかのよう。

11月中旬の須坂蔵の町並み西日に輝く菊
製糸業で賑わいをみせたという須坂。その歴史を物語る土蔵が並ぶ通りに漂う秋の風情。西日に輝く菊に誘われ、更に先へと歩みを進めるのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました