感碧Summer! ~やえやまのなつやすみ 3日目 ①~

石垣島ホテルイーストチャイナシーから眺める夜明けの石垣港離島ターミナル

石垣港で迎える穏やかな朝。窓から差しこむ弱い光に起こされベランダへと出てみれば、まだ眠りから覚めず静けさに包まれる離島ターミナル。遠くには入港を控えた巨大客船が見え、ゆっくりと進むその巨体を、南国の朝風に吹かれつつぼんやりと眺めます。

南ぬ浜町へと続くサザンゲートブリッジ
夜もすっかりと明けたところで、朝食前の散歩へ。青いアーチが港でもひときわ目立つサザンゲートブリッジへと歩きます。

サザンゲートブリッジ上から眺める南ぬ浜町と巨大客船スーパースターアクエリアス
それにしても今日は風が強い。台風の吹き返しなのか、橋上は常に強い風が吹き抜けてゆきます。でもそれもまた、爽快感、開放感と受け取ってしまうのだから不思議なもの。

橋上から遠くを見れば、先ほどこちらへ向かっていた巨大客船、スーパースターアクエリアスが無事に接岸した模様。船内で朝食でもとっているのでしょうか、降りてくる人の姿は見えません。

石垣島ホテルイーストチャイナシー1泊目朝食
僕らもお腹が空いたので、ホテルへと戻り朝ごはんを。こちらのホテルは朝食のメニューがとても充実しており、郷土を感じさせる料理や食材の多さに驚きます。

石垣島に来たら絶対食べてしまう油味噌やもずくのりは、白いご飯にピッタリの間違いない美味しさ。にんじんしりしりや麩チャンプルーも穏やかな味付けで、具材の味が素直に活かされています。

メインのおかずの他にも、ずらりと並ぶ選べる小鉢がこれまた魅力的。定番のもずく酢やゆし豆腐のほか、セロリとたこの和え物やナーベラーのおひたしなど、色々な味をちょっとずつ楽しめます。

石垣島ホテルイーストチャイナシー1泊目朝食八重山そばとタコライス
どれも美味しいおかずばかりだったので、おかわりしてしまい結構お腹一杯。でも八重山そばとタコライスに惹かれてしまい、ついつい更におかわり。満腹だと言いつつも、その美味しさに結局ペロッと平らげてしまいます。

さらにデザートには、沖縄名物のブルーシールアイスも食べ放題。フレーバーも多彩で、どれを食べようかと悩んでしまいます。その中で僕が選んだのが、ピスタチオとサトウキビ。

初めて食べるブルーシールアイス。普段全くアイスは食べないので、朝から重いかな?と思いつつひと口。すると驚いたのが、その適度な軽さ。決して味が薄いのではなく、軽さを感じるのです。オリオンビールにも通ずるこの感覚、気温の高い沖縄ならではの味なのでしょうか。

ピスタチオはナッツ本来のコクや独特な風味が活かされ、ピスタチオそのものを食べているといった感覚。サトウキビは黒糖が濃いかと思いきや、ものすごく適度で心地よい香ばしさ。例えて言うならば、キャラメルを穏やかにしたような印象。

僕はこの2つが一発で気に入ってしまい、他のフレーバーがあるにもかかわらず、滞在中は毎朝食べてしまいました。あぁ、また太ってしまう・・・。

朝食後に眺める石垣港の青い空碧い海
いやいや、このホテル大当たりでしょ!立地よし、眺めよし、お部屋よし、そして朝食よし。これでリゾート滞在よりも若干お手頃価格なのだから、もう毎年ここでいいかもと思えてしまいます。

美味しい朝食をたらふく食べ、満足感に包まれつつ眺める港の青さ。今日は厚い雲も取れ、空も海も輝かんばかりの青さに満ちています。

石垣港離島ターミナルより安栄観光うみかじ2で竹富島へ
海の碧さに居てもたってもいられなくなり、いざこの旅初の竹富島へ。離島ターミナルより、『安栄観光』のうみかじ2に乗船します。ちなみに往復する場合は、往復乗車券を買ったほうが50円ほど安くなります。

この船は他の高速船より大型ですが、船内は満席。今日の竹富島は混んでるのかな?なんて思いつつ座っていると、突如船が大きく揺れ始めました。台風の影響で、海には大きなうねりが残っているようです。

船内には船首が波にぶつかる音が響き、上下左右に大きく揺さぶられます。竹富島まで10分ちょっと。10分ちょっとで、本当に良かった(汗)

1年ぶりの竹富島に上陸
若干ふらつきつつ、1年ぶりに竹富島に上陸。石垣とは目と鼻の先なのに、船を降り立った瞬間に感じる空気の違いに、毎度のことながら驚かされます。

1年ぶりの竹富島どこまでも青く白いコンドイビーチ
島を包む穏やかな空気感に満たされつつのんびり歩き、島の西側にあるコンドイビーチに到着。3年前、初めて目の当たりにしたこの鮮やかさ。その感動は、3度目となっても決して薄れることはありません。

ポカリスエット感満載の竹富島コンドイビーチ
視界の全てを占める碧と白。太陽以上の輝きすら感じさせる八重山の鮮やかさに、目を細めて思わず立ち尽くす。するとふと記憶の深い部分から甦る、織田哲郎の歌声と憧れた碧い海。ブラウン管から感じた以上の美しさを、今こうして自分の全てで感じ取れるという幸せ。

足に感じる竹富島コンドイビーチの透明な波の鼓動
溢れるポカリ感に堪らず、波打ち際に駆け出します。すると足に感じる、透明な冷たさ。珊瑚をころがしからからと音を立てる波が、心地よい爽やかさを足へと連れてくるよう。

楽園のような美しさの竹富島コンドイビーチ
波の声を聴こうとしゃがんでみれば、一層視界に広がる爽快な碧。もうこのすばらしさは、言葉にできない。地上の楽園、この世の天国。これを知らずに生きてゆくなどもったいない。そう思わせるほどの、鮮烈な美しさ。

夏の竹富島コンドイビーチ波打ち際に座り海の鼓動を感じる
八重山の碧さをもっと浴びたいと、波打ち際に座り寄せては返すリズムを味わいます。強烈な陽射しに照らされ、ただひたすらに感じる海の鼓動。世界の青さに覚醒した脳もいつしかクールダウンし、目を閉じれば無心が心地よく自分の中に満ちてゆくよう。

夏の竹富島コンドイビーチでオリオンビールを
海に溶けるような一体感を存分に自分へとチャージしたところで、今度は喉から爽快感をチャージ。冷たいオリオンビールを、プシュッと開けます。

南国の陽射しに灼かれ、じんわりと吹き出す汗。ビールも同じく暑いのか、全身に結露を纏いきらきらと輝きます。その結露で底に付いた砂さえも、美しい装飾のように見えてしまうのだから不思議なもの。

夏の竹富島コンドイビーチオリオンビール片手に歩くヤドカリを眺める
じりじりと肌に感じるお天道様。その感覚を冷たいオリオンで収めつつ、トコトコと歩くヤドカリを眺めるひととき。くどいようだが、自分がこんなに海が好きだなんて、八重山に来るまで知らなかった。何もいらない。アクティビティーなどしなくても、五感に伝わる全てが刺激的。

竹富島の夏の青さを満喫しコンドイビーチを去る
灼かれて、飲んで、浸かって、また灼かれて。そんな夏の怠惰を2時間ほど味わい、そろそろ肌が危なくなってきたところでコンドイビーチを後にすることに。その前に、もう一度振り返りその鮮やかさを目に焼き付けます。

3度目のコンドイビーチですが、海水浴として滞在するのは今回が初めて。ビーチを包む余りの鮮やかさに、その感動は焼き付いて離れなくなる。抜けるような開放感と海の鼓動に包まれ、心身の隅々まで八重山の鮮烈さに染まるのでした。

★石垣島ホテルイーストチャイナシーのプランを探す
じゃらん/楽天/るるぶ