白銀への鉄路 ~列車で行く北海道 スキーとグルメの旅 1日目~

東北新幹線はやて号新青森行き

今回の旅の始まりは、上野駅13番線。・・・となるはずでしたが、大雪の影響で乗るはずだったカシオペア号が急遽運休。

僕が高校生のときにデビューしてからというもの、10年来の憧れの列車に乗れると相当楽しみにしていたのですが、こればかりはもう仕方がありません。

ガッカリしていてもきりが無いので、急いで新宿駅で新幹線経由に変更しました。今回は割引の効く周遊きっぷを買っていたのですが、手書きの特殊なきっぷのため変更に50分も掛かってしまいました。それでも直近の新幹線に間に合い、面倒な作業を何とかこなしてくれた駅員さんに感謝。

ということで、今回の旅の始まりは、東京駅新幹線ホーム。まだ開業して間もない、「新青森」の行先がまぶしいはやて号に乗車します。

はやて車内でカシオペアで食べるはずだったローストビーフを

カシオペア号の上野発車は16:20。13時過ぎまで運休情報をチェックし、それでも大丈夫そうだったので、デパ地下で部屋で食べる用のローストビーフを買ってしまいました。ワインも買おうか、なんて言っていたのですが、買わなくて正解。重い荷物が増えるだけでした。

カシオペア運休を慰める赤ワイン

ダイニングカーでの懐石御膳と部屋でのワインを楽しみにしていただけに、かなりのギャップ。でもこうなったらとことんハプニングを楽しまなきゃ。せっかくの旅行なんですからね。

ということで、昼下がりの新幹線で傷心宴会を始めます。ローストビーフにはやはり赤ワインということで、JR東日本の車内販売でよく見かける缶入りのワインを購入。キャップがグラス代わりになるので、手軽に楽しめる優れもの。

豪雪に埋もれる新青森駅

東京駅を出発してから3時間37分、新青森へと到着。真新しいきれいな駅舎が開業してまもないことを物語っています。

本当は、はやぶさ号が登場するまでは絶対に待とうと思っていた、新青森行き。ひょんなことから、ここへ来てしまいました。

それにしても、随分青森も近くなったものです。小さい頃は盛岡から、それ以降も八戸から在来線特急をゴトゴト乗らなければ着けなかった土地が、なんの苦労も無く新幹線一本で来ることができるようになりました。所要時間も大幅に短縮。本当に便利な世の中です。

吹雪の中新青森に入線する特急スーパー北斗

新青森から一駅だけ、特急スーパー白鳥に乗車。僕が持っている周遊きっぷはもちろん使えますが、青森まで行く人は、普通乗車券だけで乗れるという特例も設けられています。

それにしてもすごい雪。ここ数年、この時期にこの辺りを列車で通る機会が何度かありましたが、こんな雪は初めてです。ここまで積もると、カシオペアが運休になってしまうのも仕方ないのかな、という気もします。

降りしきる雪の中の青森駅

降りしきる雪の中、無事に青森駅に到着。携帯サイトで今夜の宿を予約し、荷物を降ろして夜の街へ繰り出します。

青森郷土料理助六

青森に泊まるなんて思ってもみなかったので、何の情報も無いまま居酒屋探し。絶えず降り続く雪の中右往左往するのも嫌だったので、とりあえず「郷土料理」の大きな文字が目に飛び込むお店に入ることに。今回お邪魔した、『助六』です。

こちらは青森の食材をふんだんに使用した、串焼きがメインの居酒屋さんです。串焼きの他にも青森の郷土料理が味わえます。

飛込みで入ったにもかかわらず、ここが大当たり。全体的に味付けが好みで、ついついお酒が進んでしまいます。

思いがけないきっかけではありますが、青森の旨い酒と旨い料理を堪能し、これはこれで大満足。災い転じて福となす、とはこのようなことを言うのでしょうか。それも美味しいお料理を提供してくれたこのお店のお陰。

冬の夜凍てつく海峡の女王青函連絡船八甲田丸

せっかく青森まで来たので、青函連絡船八甲田丸の顔を見ていくことにします。この船を見るのは高校生以来。随分と久しぶりです。

僕のイメージでは、青函連絡船といえば青い船体。その中で異彩を放つこの黄色いボディーもとてもカッコいい。叶うことならば、現役当時に乗ってみたかった。渡道する際はいつもいつも、そう思ってしまいます。

冬の青森酒場放浪記に出てきそうな横丁

八甲田丸からの帰り道、駅の近くにはこんな横丁が。いかにも北国の酒場という雰囲気。僕の好きな番組である、BSTBSの酒場放浪記(知っている人は知っているかな~?)に出てきそうなロケーションです。呂律の回っていない吉田類さんが、今にもあの扉から出てきそう。

想定外の青森の味を堪能し、連絡船や横丁といった懐かしい景色に心温まり、夜は更けていくのでした。明日はいよいよ北海道。やっとこの旅のスタートラインに立てる予定です。

白銀への鉄路 ~列車で行く北海道 スキーとグルメの旅~
羊蹄山に登る冬の朝日
2011.2 青森/北海道
旅行記へ