連泊のススメ ~藤三旅館で過ごす穏やかな午後~

鉛温泉藤三旅館湯治部河鹿の湯入口

古き良き湯治場の風情を色濃く感じさせる、藤三旅館湯治部。深さが特徴の白猿の湯もさることながら、他のお風呂も居心地の良いもの揃い。

館内5か所ある浴場のうち、湯治部にある河鹿の湯は一番シンプルで鄙びた作り。静かな午後を過ごそうと、誰もいない浴場へと向かいます。

午後の光あふれる鉛温泉藤三旅館湯治部河鹿の湯

一歩中へと入れば、ガラス越しにこれでもかと溢れ注ぐ陽の光。清潔感溢れるタイル張りの浴槽に掛け流された温泉は、その光を浴びてきらきらと輝きます。

シンプルだけど、そこが良い河鹿の湯。静かな環境の中で味わうお湯は、皮膚を通り越して心の中まで沁みてゆくよう。

鉛温泉藤三旅館湯治部午後のひととき湯上がりのビール

湯けむりに包まれる浴室で柔らかいお湯を堪能した後は、やはりお待ちかねの冷たいビール。自販機よりも安く売っている館内の売店でおじいちゃんから購入。

木枠の窓の外は、さらさらと流れる豊沢川とそれを彩る秋の草木。聞こえるのは渓流の水音と、缶から漏れる炭酸の弾ける音だけ。

鉛温泉藤三旅館露天風呂桂の湯から眺める秋景色

窓の外へと顔を出せば、すすきの河原と秋の空。抜けるような鮮やかな青空に心の疲れまで溶けだし、川音と頬を撫でる冷たい秋風がそれらを連れ去ってくれます。

鉛温泉藤三旅館桂の湯露天風呂から眺める豊沢川と紅葉

こちらは川沿いの露天が心地よい桂の湯。湯船に浸かれば、秋の彩に包まれた豊沢川を独り占め。ゆっくりと流れゆく白い雲をぼんやりと眺め、出たり入ったり、いつまでも温かな湯を楽しみます。

鉛温泉藤三旅館穏やかな午後の光に包まれる湯治部屋

それでもやはり一番落ち着くのはこの自室。窓からあふれる光の洪水を浴びながら、のんびりと本を読み耽る。自分を包むは時を経て味わいを増した木の作る渋い和室。こんな穏やかな午後を過ごせるのも連泊ならでは。

やっぱりここが好きだ。藤三旅館湯治部には、言い表せぬ魅力と穏やかな時が詰まっています。

★藤三旅館のプランを探す
じゃらん/楽天/るるぶ