P-BLUE@石垣島 ~初の沖縄、35歳。1日目 ②~

南ぬ島石垣空港

どこまでも青く澄んだ大空の旅と、石垣島の美しい姿の余韻冷めやらぬまま、ついに、ついに初の沖縄上陸!!喜び勇んで外へと出てみると、意外にもそれほど気温自体は高くない。そう、気温自体、は。

一足先に梅雨明けした石垣島。この日の気温は東京の盛夏よりも涼しいのですが、何が違うって、日差しの強さが違うんです。赤道により近いところ。そう一瞬で実感させる太陽の力強さ。この陽射しに照らされるだけで、自分の脳内の知らない部分から、何かしらの興奮剤が分泌されてくるよう。

南ぬ島石垣空港で旅人を出迎えるたくさんのシーサー

ハイサイ!!空港から出て一瞬で悟った、自分でも知らなかった南国属性。一瞬で沖縄という南の国が好きになってしまった。35歳、かぁ。遅すぎたかなぁ。

そんな異様なテンションの僕を迎えてくれる、かわいいシーサー。南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港の柱には、ひとつひとつ表情の違うシーサーがたくさんいます。ハイサイシーサー♪

南ぬ島石垣空港から東運輸バスで石垣島離島ターミナルへ

空港を出るとすぐ目の前にバス停があり、そこから『東運輸』のバスに乗り市街地を目指します。マリンブルーとスカイブルーに彩られたバスは、南国のイメージそのもの。

石垣島離島ターミナル

空港から市街地は結構な距離があり、バスに揺られること40分程で石垣離島ターミナルに到着。屋根にはかわいいシーサーがお出迎え。シーサーを見上げようと視線を上げれば、そこに広がるのは抜けるような南国の青空。もういい意味で頭がクラクラしっぱなし。

石垣島離島ターミナルの光り輝くちょっちゅねー具志堅さんの銅像

早速窓口で乗船券を購入し、乗り場へと向かいます。するとそこには、光り輝くちょっちゅね~。石垣島の誇るスター、具志堅さんのブロンズ像がお出迎え。

そんな光る具志堅さんもインパクト抜群なのですが、その後ろに控える海、物凄く青いんですけど!それもこんな色の海、見たことない。見るからに暖かい碧さをしています。

安栄観光竹富島行き高速k百銭デッキに陣取り青い空と青い海を満喫

初めての沖縄の海の色に感動しつつ、『安栄観光』の高速客船、うみかじ号に乗っていざ出港!デッキ後部のベンチに腰を下ろし、去りゆく航路を存分に眺めます。それにしても、陽射しが凄い。この短時間ですでに僕の足は草履焼けし始めました。

安栄観光高速客船のデッキから眺める見たこともない色の美しい海

石垣港から高速船であっという間の15分、ついに憧れの島に到着。空の青さと海の碧さ、そして容赦なく照り付ける南の太陽に焼かれ、気分はまさに絶好調!

ほんの数時間前まで梅雨空の羽田にいたなんて。午前中から南国を満喫できることに、やっぱり未だ夢見心地でいるのでした。

P-BLUE@石垣島 ~初の沖縄、35歳。~
石垣シーサイドホテルオーシャンビューの客室から一望する青い海
2016.7 沖縄
旅行記へ