感動大陸、東北の夏。~僕の灼熱七日間 2日目 ②~

雨の毛越寺

今回の平泉滞在は短時間。金色堂も捨てがたいのですが、どうしてもあの極楽浄土の景色が忘れられず、今回は毛越寺に目的を絞って訪れました。

生憎の雷雨で更に時間は短くなってしまいましたが、雨上がりの移り変わりにより、前回とは全く違った美しさで迎えてくれました。

今回は、雨上がりの浄土式庭園を、写真メインでお伝えしたいと思います。

雨の毛越寺本堂

すさまじい雷雨は収まったとはいえ、まだ雨は降り続いています。そんなお天気なので、境内も人はまばら。落ち着いた毛越寺を味わえそう。まずは本堂でお参りし、浄土式庭園へと向かいます。

雨に濡れ緑の濃い夏の毛越寺大泉ヶ池

雨に濡れ、色を濃くした苔に縁どられた大泉が池。

雨に打たれさざ波のたつ毛越寺大泉ヶ池

雨に打たれてさざ波のたつ大泉が池は、春に訪れた前回とは全く違った印象に。鉛色の空を映すその水面は、雨の強弱により刻一刻と姿を変えます。

雨に濡れる紅葉

夏真っ盛りというのに、早くも色付く紅葉。背後の勢いのある緑との対比が美しい。

雨粒がきらめく蓮の花

大きな花弁に雨粒をはじかせる蓮の花。雨がその色を一層鮮やかに引き立たせます。

曇り空夏の毛越寺大泉ヶ池

園内を1/4ほど進んだところで、空に明るさが感じられるように。雨がやむのももう間もなくです。

雨上がりの太陽に輝く雨だれ

程なくして雨はすっかりやみ、空には陽射しが戻りました。草に載る雨粒の一つひとつが、眩しくきらきらと輝きます。

雨上がり夏の毛越寺大泉ヶ池芝生と玉石の美しい対比

夏の勢いを感じさせる芝生と玉石の対比が、美しい渚を連想させます。

雨上がり夏の毛越寺活き活きとした芝生と曲水

洗濯された空から降り注ぐ太陽を受け、鮮やかさを増す芝生。その中を勢いよく流れる曲水も、陽の光を受けてきらめきを放ちます。

夏の毛越寺大泉ヶ池を潤す曲水

先ほどの雨は川となって曲水を流れ、大泉が池を潤します。雨も自然の恵みのひとつ。雨上がりには自然が元気になり一斉に輝き始めます。

夏の毛越寺濃い芝生と青空

すっかり戻った夏空と、濃い色が印象的な芝。

夏の毛越寺大泉ヶ池木陰に映える洲浜

木陰へと入れば、まだ涼しさと雨の匂いが残っています。すでに暑さを取り戻した夏の空気の中で、一服の清涼を楽しみます。

夏の毛越寺大泉ヶ池鮮やかな芝生の緑

夏真っ盛りの毛越寺は、様々な緑の鮮やかさを教えてくれます。雨に洗い流され、草木はみんな喜んでいるかのよう。

夏の毛越寺雨上がりの夏空を映す大泉ヶ池

大泉が池はすっかり平穏を取戻し、水面に東北の山を映します。見る場所でその姿を変える大泉が池。場所のみならず、天候の変化まで映し出す、人が造った自然の鏡。

夏空に照らされる毛越寺大泉ヶ池

短いながらも変化に富んだ美しさで楽しませてくれた極楽浄土。一周して最初の地点に戻ると、同じ場所なのに全く違う印象に驚かされます。

雨上がり夏の青空毛越寺大泉ヶ池

東北の自然に包まれた極楽浄土。その東北の夏の匂いを思い切り吸い込み、僕の夏の想い出として胸へと仕舞います。

水を得て活き活きとする苔

来たときには雨に強く打たれていた足元の苔も、水を得て元気さを増したよう。雨は色々なものを洗い流し、元気を与える命の源。

雨に洗われ爽快な青空が広がる平泉

猛烈な雷雨により一旦諦めかけた毛越寺。雨が降ったからこその変化に富んだ美しさを存分に楽しみ、極楽浄土を後にします。

すっかり夏らしさが戻った平泉の街並みは、鮮やか過ぎる空の青さと草木の緑に包まれます。

前回の桜咲く季節もきれいでしたが、この力みなぎる夏の景色も最高に美しい。それならば、秋の紅葉も、冬の雪景色もと、僕の心には煩悩が増えるばかりなのでした。

感動大陸、東北の夏。~僕の灼熱七日間~

夏の日差しを浴び元気に育つ稲の穂
2014.7-8 宮城/岩手/青森/山形

旅行記へ